二人の詩人の鋭い直観力、当意即妙のエスプリ、絵画に関する深い知識が一瞬のうちに愉悦に満ちた美的経験の世界を開く。ドレスデン美術館の絵画をめぐる対話。

美をめぐる対話
  • シリーズ:単行本
  • 4,485円(税込)
  • Cコード:0071
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1991/04/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-87157-8
  • JANコード:9784480871572
辻 邦生
辻 邦生

ツジ クニオ

(1925〜1999)東京生まれ、東京大学卒。1963年『廻廊にて』を刊行し近代文学賞、68年『安土往還記』で芸術選奨新人賞、72年『背教者ユリアヌス』で毎日芸術賞、95年『西行花伝』で谷崎潤一郎賞を受賞。歴史小説を中心に独自の文学世界を構築した。

この本の内容

コクトーの直観と当意即妙のエスプリ、アラゴンの絵画に関する正確な知識、ドレスデン美術館の絵画をめぐる二人の詩人の自在な対話が不思議な暗示力をもって絵画空間への扉を一瞬のうちに開く。

この本の目次

ドイツ絵画
フランドル及びオランダ絵画
英国絵画
スペイン絵画
イタリア絵画
フランス絵画
美に到る道―「あとがき」にかえて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可