レイヴ力 rave of life

鶴見 済 著 , 清野 栄一 著 , 木村 重樹 編集

レイヴ(野外のダンスパーティー)は体験する者を劇的に変える。『完全自殺マニュアル』の鶴見済と、レイヴの第一人者清野栄一がその魅力と 生きる喜び を語る。

レイヴ力 rave of life
  • シリーズ:単行本
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0073
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2000/07/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-87325-2
  • JANコード:9784480873255

この本の目次

第1章 鶴見済×清野栄一×木村重樹―カラダ、自然、生き物…レイヴの先に見えてくる風景(日本で毎月、野外パーティーが始まった頃
レイヴが始まって世界は健全になった?! ほか)
第2章 DJ・TSUYOSHIとの対話―パーティの最初、ウォーミングアップからDJやってパーティーの流れ=ストーリーを作っていく作業が、大好きなんですよ(何がカッコよくて、何がカッコ悪いか…踊ってみて、変わった価値観
ツヨシから見た日本のパーティー/世界のパーティー ほか)
第3章 田中宗一郎との対話―楽しみがネットワーク化されない、その場に行かないと楽しくない…それがレイヴ/パーティーのすばらしいところ(ダンスする機能を失ってしまった「ロック」
ロックとダンス…その両方が必要な理由 ほか)
第4章 上野俊哉との対話―ある考え方/スタンスを選択したことによって「動かざるをえなくなった」人の生き方を、踊りながら他者と共有したいだけなんだ(「闘う」社会学者から「踊る」社会学者へ?
「戦闘的サブカル左翼」がレイヴに出会って ほか)
第5章 鶴見済×清野栄一×木村重樹―全部あったうえで、もっと凄いものが欲しいパーティーってそういうものだから(トラ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可