僕の音、僕の庭 ─鑑式音楽アレンジ論

井上 鑑

編曲の作法から
打ち合わせ術まで、
ノウハウを大公開。

「ルビーの指環」はじめ数々のヒット曲を手掛ける名アレンジャー初の書き下ろし音楽論。ジャズ・クラシックにまで及ぶ豊富な経験から、音楽の可能性を考える。

僕の音、僕の庭 ─鑑式音楽アレンジ論
  • シリーズ:単行本
  • 3,080円(税込)
  • Cコード:0073
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/08/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-87367-5
  • JANコード:9784480873675
井上 鑑
井上 鑑

イノウエ アキラ

作編曲家、キーボード奏者。チェリスト井上頼豊の長男として東京に生まれ、桐朋学園大学作曲科で三善晃氏に師事。寺尾聰『ルビーの指環』で日本レコード大賞編曲賞受賞。ソロデビュー以降通算13枚目のソロアルバム『CRITERIA』を06年に発表。先鋭的なサウンドクリエイターとして時代の先端を走り続け、寺尾聰・大瀧詠一・福山雅治・本田美奈子等多数のプロジェクト、ヒット作品を持つ。近年では、松岡正剛氏主宰「ISIS本座」内の斬新な音楽ウェブサイト「千律譜BASHO」、ヤマハホールでのソロコンサートシリーズ「僕の音」など創造活動は多岐に渡る。

この本の内容

福山雅治、大瀧詠一、寺尾聰との楽曲制作。興味深い生い立ち。クラシック、ジャズとの出会い。豊富な体験から見えてくる「音楽の可能性」とは。第一線で活躍する名アレンジャー初の書き下ろし。編曲の作法から打ち合わせ術まで、ノウハウを大公開。

この本の目次

第1章 CAF´E AKIRA・アレンジの実際を語ろう(寺尾聰 ルビーの指環
大瀧詠一 君は天然色 ほか)
第2章 素敵にするための素敵なこと(良い打ち合わせは良い音楽を生む
スタジオで如何に学べるか ほか)
第3章 僕はどこから来たのだろう?(「何となく面白い」の「何となく」は、無意識の決意表明
徐々に音楽が近づいてくる ほか)
第4章 価値観を磨くには(ロンドンは響きが良いか
リアルワールド・スタジオ ほか)
第5章 音楽と言語(音楽が音楽になるまで
音楽を語る言葉 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可