ラテンアメリカ 越境する美術

岡田 裕成

「征服」から始まったグローバルな世界。
人びとの想像力は何を生み出したのか?

征服という形で異文化が出会った時、人々の想像力は何を生み出したか? グローバル化の本質を原点から問い直し、大航海時代以後の近代史を読み直す美術史の挑戦。

ラテンアメリカ 越境する美術
  • シリーズ:単行本
  • 2,970円(税込)
  • Cコード:0071
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/09/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-87377-4
  • JANコード:9784480873774

この本の内容

図像イメージ、都市景観から、美術を取り巻く言説や制度まで、「越境する美術」の歴史を、植民地時代とその後の余波をも視野に丹念にたどる。「洋の東西」を超えた世界を理解するための、美術史学の挑戦。

この本の目次

なぜいま、ラテンアメリカ美術なのか
1 征服から始まった美術(つくりかえられる景観
宣教師たちのユートピア
変容する先住民の芸術)
2 「植民地的なもの」の芽ばえ(新世界の聖母―つくられる奇蹟の像
規範と制度の移植
行きかう人びと、交錯する文化)
3 成熟する植民地社会の美術(バロックの極限
地域の多様性
滅びた王国、植民地の今―社会が求めたヴィジョン)
4 独立を果たして(新生国家の美術
モダニズムの衝撃
アメリカの再発見?―アイデンティティの模索)
世界美術史のなかのラテンアメリカ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可