春画と印象派 ─“春画を売った国賊”林忠正をめぐって

木々 康子

初めて春画を見たパリの芸術家たちの衝撃はいかばかりか? マネ、クールベ、カミーユ、フロベール――。日本と西欧の文化の違いに焦点をあて春画の歴史を探る。

春画と印象派 ─“春画を売った国賊”林忠正をめぐって
  • シリーズ:単行本
  • 2,640円(税込)
  • Cコード:0070
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2015/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-87380-4
  • JANコード:9784480873804

この本の内容

絵師は華麗な絵に批判を込めて弾圧に立ち向かった。春画に魅せられた人々に光を当て、日欧の文化を考察する画期的な一冊。

この本の目次

第1章 林忠正について(渡仏まで
万国博覧会
ただ一人の日本美術の説明者 ほか)
第2章 浮世絵と春画(庶民の中から生まれた浮世絵
歌舞伎と遊郭
明治期の遊郭―吉原にて ほか)
第3章 春画について(春画とは
ルイス・フロイスが見た日本の男女と宗教
西洋人は浮世絵(春画)をどう見たか ほか)
第4章 ヨーロッパと日本(洛中洛外図と浮世絵
江戸の女房たち
民法典論争と春画 ほか)
第5章 浮世絵とオランダ(鎖国
十七世紀のオランダ
オランダとの貿易 ほか)
第6章 ヨーロッパの近代への序曲(日本版画との出会い
新しい芸術を求めて
E・ゴンクール浮世絵 ほか)
第7章 浮世絵(春画)の渡仏(開国と江戸の文化
フィリップ・ビュルティと林忠正
ビュルティと春画 ほか)
第8章 近代絵画の誕生(一八六三年のサロン
マネの背を押したのは誰か
春画がもたらした新しい動き ほか)
第9章 ドビュッシーとカミーユ・クローデル(クロード・ドビュッシー
カミール・クローデル ほか)
第10章 春画を売った国賊(一九〇〇年パリ万国博覧会と春画
事務官長の職責が林に与えたもの ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可