北原白秋

三木 卓

『思ひ出』『桐の花』など、白秋が日本の近代文学に残したかけがえのない仕事を、生いたち、実家の破産、人妻との姦通事件などへも踏み込みながら追尋する本格的な評伝。

北原白秋
  • シリーズ:単行本
  • 3,080円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2005/03/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:420
  • ISBN:4-480-88521-8
  • JANコード:9784480885210

この本の内容

巨大な軌跡の全貌に迫る。詩集『邪宗門』『思ひ出』歌集『桐の花』童謡集『とんぼの眼玉』―白秋が日本の近代文学に残したかけがえのない仕事を、生い立ち、実家の破産、人妻との姦通事件などへ踏み込みながら追尋する本格的な評伝。

この本の目次

詩人の前夜
上京・修業・自立
『邪宗門』という衝撃
『思ひ出』―幼年期の恍惚と屈辱
『桐の花』―生涯の大事件
青春の死―三崎見桃寺での破局
“巡礼”から“阿蘭蛇”へ
『雲母集』―心のよみがえり
『雀の卵』の時代
童謡への開眼
歌謡の展開
『水墨集』より「日光」へ
『風穏集』と『白南風』
「多磨」という砦
後期童謡をめぐって
『黒桧』―最後の歌集

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可