早稲田文学 2020年冬号

リニューアル刊行!【特集】「経済-価値」経済や価値と芸術表現の関わりの「いま」を追う【創作】松波太郎「カルチャーセンター」他

早稲田文学 2020年冬号
  • シリーズ:単行本
  • 2,530円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/12/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B5判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-99324-3
  • JANコード:9784480993243

この本の目次

特集 価値の由来、表現を支えるもの―経済、教育、出版、労働…(対談(河島伸子+津田大介・文化政策はどこへ向かうのか?―文化の本質的価値と経済的価値の対立の先で
大塚英志+紅野謙介・いま、なぜ「近代文学」なのか?教育と読者=作者の生成、あるいは言葉が作り出す「私」)
論考(中国現代美術市場の制度化と「仲介者」の価値実践について
文化多様性と表現の自由 ほか)
選書―文化と経済をめぐるブックリスト)
創作(カルチャーセンター(松波太郎)
編みかご(小内光
おさないひかり)
見送りのあとで(藤田哲史))

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可