ジョルジュ・バタイユ
バタイユ,ジョルジュ

1897−1962年。フランスの思想家。大戦前から戦後にかけて、文学・思想・芸術・宗教学・政治等広範な領域で批評活動を行い、現代に至るまで大きな影響を与えつづけている。思想書:『エロティシズム』『無神学大全』『至高性』他。小説:『青空』『眼球譚』『マダム・エドワルダ』他。

検索結果

前のページへ戻る
12件1~12件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

呪われた部分 ─全般経済学試論・蕩尽

ジョルジュ・バタイユ 著  酒井 健 翻訳 

「蕩尽」こそが人間の生の本来的目的である! 20世紀を代表し、その後の思想界を震撼させたバタイユの主著。第一人者による45年ぶりの新訳。

ちくま学芸文庫  文庫判   384頁   刊行日 2018/01/10  ISBN 978-4-480-09840-5
JANコード 9784480098405

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

ニーチェ覚書

ジョルジュ・バタイユ 編著  酒井 健 翻訳 

バタイユが独自の視点で編んだニーチェ箴言集。ニーチェを深く読み直す営みから生まれた本書には二人の思想が相響きあっている。詳細な訳者解説付き。

ちくま学芸文庫  文庫判   224頁   刊行日 2012/06/06  ISBN 978-4-480-09465-0
JANコード 9784480094650

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

エロティシズムの歴史 ─呪われた部分 普遍経済論の試み 第二巻

ジョルジュ・バタイユ 著  湯浅 博雄 翻訳  中地 義和 翻訳 

三部作として構想された『呪われた部分』の第二部。荒々しい力〈性〉の禁忌に迫り、エロティシズムの本質を暴く、バタイユの真骨頂たる一冊。 <br /> 【解説: 吉本隆明 】

ちくま学芸文庫  文庫判   336頁   刊行日 2011/07/06  ISBN 978-4-480-09351-6
JANコード 9784480093516

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

純然たる幸福

ジョルジュ・バタイユ 著  酒井 健 編訳 

著者の思想の核心をなす重要論考20編を収録。文庫化にあたり「クレー」「ヘーゲル弁証法の基底への批判」「シャプサルによるインタビュー」を増補

ちくま学芸文庫  文庫判   512頁   刊行日 2009/10/07  ISBN 978-4-480-09248-9
JANコード 9784480092489

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

聖なる陰謀 ─アセファル資料集

ジョルジュ・バタイユ 著  マリナ・ガレッティ 編集  吉田 裕 翻訳 

聖なるものと新たな共同体を求めた秘密結社「アセファル」。その活動は長く隠され続けてきたが、ここに始めてその全貌が白日のもとに晒される。

ちくま学芸文庫  文庫判   512頁   刊行日 2006/04/10  ISBN 4-480-08982-9
JANコード 9784480089823

定価:本体1,500 円+税

ランスの大聖堂

ジョルジュ・バタイユ 著  酒井 健 翻訳 

信仰時代である一九一八年の処女出版から『無神学大全』後の一九四八年まで、バタイユ初期から中期の粋である最重要テキスト十七篇をまとめる。

ちくま学芸文庫  文庫判   224頁   刊行日 2005/11/09  ISBN 4-480-08939-X
JANコード 9784480089397

定価:本体900 円+税

エロティシズム

ジョルジュ・バタイユ 著  酒井 健 翻訳 

人間存在の根源的な謎を、鋭角で明晰な論理で解き明かす、バタイユ思想の核心。禁忌とは、侵犯とは何か? 待望久しかった新訳決定版。

ちくま学芸文庫  文庫判   496頁   刊行日 2004/01/07  ISBN 4480087990
JANコード 9784480087997

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

呪われた部分 有用性の限界

ジョルジュ・バタイユ 著  中山 元 翻訳 

『呪われた部分』草稿、アフォリズム、ノートなど15年にわたり書き残した断片。バタイユの思想体系の全体像と精髄を浮き彫りにする待望の新訳。

ちくま学芸文庫  文庫判   416頁   刊行日 2003/04/09  ISBN 978-4-480-08747-8
JANコード 9784480087478

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

宗教の理論

ジョルジュ・バタイユ 著  湯浅 博雄 翻訳 

聖なるものの誕生から衰滅までをつきつめ、宗教の根源的核心に迫る。文学、芸術、哲学、そして人間にとって宗教の〈理論〉とは何なのか。

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2002/11/06  ISBN 978-4-480-08697-6
JANコード 9784480086976

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

エロスの涙

ジョルジュ・バタイユ 著  森本 和夫 翻訳 

エロティシズムは禁忌と侵犯の中にこそあり、それは死と切り離すことができない。二百数十点の図版で構成されたバタイユの遺著。 <br /> 【解説: 林好雄 】

ちくま学芸文庫  文庫判   352頁   刊行日 2001/04/10  ISBN 978-4-480-08628-0
JANコード 9784480086280

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

文学と悪

ジョルジュ・バタイユ 著  山本 功 翻訳 

文学にとって至高のものとは、悪の極限を掘りあてることではないのか。サド、プルースト、カフカなど八人の作家を巡る論考。 <br /> 【解説: 吉本隆明 】

ちくま学芸文庫  文庫判   352頁   刊行日 1998/04/09  ISBN 978-4-480-08415-6
JANコード 9784480084156

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

筑摩叢書364 文学と悪

ジョルジュ・バタイユ 著 

ブロンテ、ボードレール、ミシュレ、サド、プルースト、カフカ、ジュネらをめぐって、文学と悪の関係を論じながらバタイユの根本理念が展開される。吉本隆明解説。

シリーズ・全集  四六判   296頁   刊行日 1992/07/10  ISBN 4-480-01364-4
JANコード 9784480013644

定価:本体2,330 円+税

  • 1