小沢 信男
オザワ ノブオ

1927年東京新橋生まれ。日本大学芸術学部在学中、「江古田文学」掲載の「新東京感傷散歩」を花田清輝に認められ、53年「新日本文学会」に入会。『日本の百年』シリーズ第二、三巻を松本三之介に協力執筆、また花田清輝、長谷川四郎、佐々木基一と戯曲を共作するなど、共同制作に積極的に参加。小説、詩、俳句、評論、ルポルタージュなど多ジャンルにわたり執筆活動を展開。著書に『定本犯罪紳士録』『あの人と歩く東京』『悲願千人斬の女』『通り過ぎた人々』『句集 んの字』『裸の大将一代記』『本の立ち話』『小沢信男さん、あなたはどうやって食ってきましたか』(共著)など多数。(著者写真:矢幡英文)

検索結果

前のページへ戻る
7件1~7件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ぼくの東京全集

小沢 信男 著 

小説、紀行文、エッセイ、俳句……作家は、その街を一途に書いてきた。『東京骨灰紀行』等65年間の作品から選んだ決定版アンソロジー。解説 池内紀

ちくま文庫  文庫判   560頁   刊行日 2017/03/08  ISBN 978-4-480-43407-4
JANコード 9784480434074

定価:本体1,300 円+税

在庫  問合せ

私のつづりかた ─銀座育ちのいま・むかし

小沢 信男 著 

現在89歳の作家が、銀座の泰明小学校二年生のときに書いた作文を、いま読みなおす。町並み、学校、家族、友人、戦争の影――甦る、82年前の東京!

単行本  四六判   208頁   刊行日 2017/02/15  ISBN 978-4-480-81535-4
JANコード 9784480815354

定価:本体1,800 円+税

在庫  ○

東京骨灰紀行

小沢 信男 著 

両国、谷中、千住……アスファルトの下、累々と埋もれる無数の骨灰をめぐり、忘れられた江戸・東京の記憶を掘り起こす鎮魂行。 <br /> 【解説: 黒川創 】

ちくま文庫  文庫判   320頁   刊行日 2012/10/10  ISBN 978-4-480-42989-6
JANコード 9784480429896

定価:本体780 円+税

在庫  ○

東京骨灰紀行

小沢 信男 著 

無数の骨灰をめぐり、忘れられた東京の記憶を掘り起こす、鎮魂行。明暦の大火から、小伝馬町牢跡、小塚原刑場跡、震災、大空襲、サリン事件まで……。

単行本  四六判   256頁   刊行日 2009/09/10  ISBN 978-4-480-85792-7
JANコード 9784480857927

定価:本体2,200 円+税

裸の大将一代記  ─山下清の見た夢

小沢 信男 著 

「裸の大将」の愛称で人々から愛された山下清。昭和の時代をとてつもなく自由に生きた大放浪画家の実像に迫る渾身の評伝。 <br /> 【解説: 鶴見俊輔 】

ちくま文庫  文庫判   448頁   刊行日 2008/04/09  ISBN 978-4-480-42434-1
JANコード 9784480424341

定価:本体820 円+税

悲願千人斬の女

小沢 信男 著 

芸者と歌人という二つの顔で江戸から明治を生きた女傑・松の門三艸子。奔放な男性遍歴が伝えられる彼女の生涯を描く標題作ほか、破天荒な人物が次々登場。

単行本  四六判   208頁   刊行日 2004/08/09  ISBN 4-480-81824-3
JANコード 9784480818249

定価:本体1,900 円+税

裸の大将一代記 ─山下清の見た夢

小沢 信男 著 

「裸の大将」の愛称で、人々からこよなく愛された山下清。昭和の時代を、とてつもなく自由に生きた大放浪画家の生涯と作品を解き明かす渾身の書き下し評伝七百枚。

単行本  四六判   352頁   刊行日 2000/03/01  ISBN 4-480-88508-0
JANコード 9784480885081

定価:本体2,200 円+税

  • 1