石牟礼 道子
イシムレ ミチコ

1927−2018年。作家。熊本県天草郡に生まれ水俣市に育つ。69年『苦海浄土――わが水俣病』を刊行。73年マグサイサイ賞、86年西日本文化賞を受賞。93年『十六夜橋』で紫式部文学賞受賞。2001年度朝日賞受賞。02年『はにかみの国――石牟礼道子全詩集』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。著書に『アニマの鳥』『椿の海の記』『石牟礼道子全集 不知火』など。

検索結果

前のページへ戻る
8件1~8件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

遺言 ─対談と往復書簡

石牟礼 道子 著  志村 ふくみ 著 

未曽有の大災害の後、言葉を交わしあうことを強く望んだ作家と染織家。残された時間を自覚する中で実現した対談と往復書簡。解説 志村洋子、志村昌司

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2018/09/10  ISBN 978-4-480-43531-6
JANコード 9784480435316

定価:本体950 円+税

在庫  ○

遺言 ─対談と往復書簡

志村 ふくみ 著  石牟礼 道子 著 

未曽有の大災害と原発事故の後、言葉を交わしあうことを強く望んだ染織家と作家。長年の友人である二人が、残された時間を自覚する中で実現した対談と往復書簡。

単行本  四六判   224頁   刊行日 2014/10/23  ISBN 978-4-480-81677-1
JANコード 9784480816771

定価:本体2,200 円+税

在庫  ○

アニマの鳥

石牟礼 道子 著 

三十年の歳月をかけた渾身の大河小説、天草・島原の乱。栄誉や権力に縛られず、自分の魂を大切に、死をかけて個人の尊厳を守った人びとの受難の歴史一二〇〇枚。

単行本  四六判   536頁   刊行日 1999/11/24  ISBN 4-480-80349-1
JANコード 9784480803498

定価:本体3,400 円+税

十六夜(いざよい)橋

石牟礼 道子 著 

不知火の海辺で暮らす土木事業家と彼をとりまく三代の女たち。人びとの紡ぎ出す物語は現と幻、生と死、そして恋の道行き。

ちくま文庫  文庫判   400頁   刊行日 1999/06/24  ISBN 4-480-03485-4
JANコード 9784480034854

定価:本体950 円+税

形見の声 ─母層としての風土

石牟礼 道子 著 

日本の風土の魂とはどういう姿であったのか。近代に向けて聞えてくる形見の声とはどのような声音なのか。文字に書かれぬ哲学を生きる人々の世界にその声を聴く。

単行本  四六判   224頁   刊行日 1996/11/20  ISBN 4-480-81406-X
JANコード 9784480814067

定価:本体1,800 円+税

不知火ひかり凪

石牟礼 道子 著 

先祖のみた夢、草木のそよぎ、海や山や神々の水の道、闇の向う。太古と未来を往き来し、失われてしまった時を痛みをもってふり返る自伝的エッセイ。

単行本  四六判   272頁   刊行日 1989/11/21  ISBN 4-480-81275-X
JANコード 9784480812759

定価:本体1,495 円+税

乳の潮

石牟礼 道子 著 

生と死の境を超えて光芒を放つ人びと。幼児の心の奥底に映った風土の原イメージ。ことばをもたなかったころの人間の五官が捉えていた世界を透明な言葉で紡ぐ。

単行本  四六判   330頁   刊行日 1988/04/15  ISBN 4-480-81252-0
JANコード 9784480812520

定価:本体1,600 円+税

おえん遊行

石牟礼 道子 著 

単行本  四六判   292頁   刊行日 1984/06/22  ISBN 4-480-80236-3
JANコード 9784480802361

定価:本体1,600 円+税

  • 1