岩田 健太郎
イワタ ケンタロウ

一九七一年島根県生まれ。島根医科大学(現・島根大学医学部)卒。米国アルバートアインシュタイン医科大学ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院勤務などを経て、神戸大学大学院医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野教授。著書に『主体性は教えられるか』(筑摩選書)、『悪魔の味方──米国医療の現場から』(克誠堂出版)、『感染症外来の事件簿』(医学書院)、『感染症は実在しない──構造構成的感染症学』(北大路書房)、『予防接種は「効く」のか?──ワクチン嫌いを考える』『1秒もムダに生きない──時間の上手な使い方』(いずれも光文社新書)、『「患者様」が医療を壊す』(新潮選書)『ためらいのリアル医療倫理──命の価値は等しいか?』(技術評論社)など多数がある。

検索結果

前のページへ戻る
5件1~5件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

感染症医が教える性の話

岩田 健太郎 著 

性感染症や性の多様性、あるいはそれを阻む社会と個人の葛藤を考えつつ、他者と向き合う営みとしての性と恋愛を考える。

ちくまプリマー新書  新書判   208頁   刊行日 2016/12/05  ISBN 978-4-480-68970-2
JANコード 9784480689702

定価:本体820 円+税

在庫  ○

食べ物のことはからだに訊け! ─健康情報にだまされるな

岩田 健太郎 著 

○○を食べなければ病気にならない! 似たような話はたくさんあるけど、それって本当に体によいの? 巷にあふれる怪しい健康情報を医学の見地から一刀両断。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2015/02/04  ISBN 978-4-480-06817-0
JANコード 9784480068170

定価:本体820 円+税

在庫  ○

医療につける薬 ─内田樹・鷲田清一に聞く

岩田 健太郎 著 

医療の進歩が生み出す様々な難問に、私たちはどう向き合えばいいのか。イワタ先生が二人の哲人を訪ね、身体との向き合い方から理想的な死まで、縦横に語り合う。

筑摩選書  四六判   288頁   刊行日 2014/06/12  ISBN 978-4-480-01596-9
JANコード 9784480015969

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

「リスク」の食べ方 ─食の安全・安心を考える

岩田 健太郎 著 

この食品で健康になれる! 食べると病気になりやすい? そんなに単純に食べ物の良い悪いは決められない。食品不安社会・日本で冷静に現実を考えるための一冊。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2012/10/09  ISBN 978-4-480-06684-8
JANコード 9784480066848

定価:本体780 円+税

在庫  ○

主体性は教えられるか

岩田 健太郎 著 

主体的でないと言われる日本人。それはなぜか。この国の学校教育が主体性を涵養するようにはできていないのではないか。医学教育をケーススタディとして考える。

筑摩選書  四六判   240頁   刊行日 2012/03/13  ISBN 978-4-480-01539-6
JANコード 9784480015396

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

  • 1