あたまの童話体操

なだ いなだ

子どもに教えられながら、父は童話をつくり始めた。すると常識の嘘も自分の頭のかたさもわかってきた! かたい頭をほぐす本。

あたまの童話体操
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体602円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:な-2-7
  • 刊行日: 1994/02/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02843-9
  • JANコード:9784480028433
なだ いなだ
なだ いなだ

ナダ イナダ

1929年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業。精神科医、作家。フランス留学後、東京武蔵野病院などを経て、国立療養所久里浜病院のアルコール依存治療専門病棟に勤務。1965年、『パパのおくりもの』で作家デビュー。著書に『TN君の伝記』『くるいきちがい考』『心の底をのぞいたら』『こころの底に見えたもの』『ふり返る勇気』などがある。

この本の内容

父と子が、会話を通して童話をつくることになった。父親にとってこれは意外にむずかしいことだ。どうやら「頭の固さ」のせいらしい。けれども度を重ねるごとに考え方が少しずつ変化してゆく。童話をつくろうとすることを通して、固定的な物の見方や、何が正してく何がまちがっているかということについてのとらえ方をたしかめてゆく、「柔軟な思考」へとみちびく本。

この本の目次

1 父さん、童話を、語ろうとして…
2 童話は終りが問題じゃない
3 声は消しゴムで消せない
4 ナンセンスに意味はある?
5 ナンセンスのセンス
6 おじいさんのパナマ帽
7 お父さんの夢
8 ヤマト・ダマス君の話
9 父さん、皮肉なお話は?
10 お父さんのカメラ
11 バビブのベボとはなにか
12 針を棒ほど

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可