武士道の精神史

笠谷 和比古

侍としての勇猛な行動を規定した「武士道」。だが、徳川時代に内面的な倫理観へと変容し、一般庶民の生活まで広く影響を及ぼした。その豊かな実態の歴史に迫る。

武士道の精神史
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0212
  • 整理番号:1257
  • 刊行日: 2017/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06960-3
  • JANコード:9784480069603
笠谷 和比古
笠谷 和比古

カサヤ カズヒコ

1949年兵庫県生まれ。京都大学文学部卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程修了、同博士(文学)。専攻は日本近世史、武家社会論。国際日本文化研究センター教授などを経て、同センター名誉教授。これまでにチュービンゲン大学、ベルリン大学、北京外国語学院、フランス東洋言語学院等の客員教授を兼任。

この本の内容

侍の気構えと行動を規定してきた「武士道」。軍国主義につながったとして、マイナスのイメージも持たれる一方、日本人の美徳を支える倫理的礎として肯定的なイメージを持っている人も、これまた多い。歴史的にみれば武士道は、武家社会が発展した中世に自然発生し、『甲陽軍艦』等の書物で明文化されていくが、戦闘なき徳川時代になって精神的な「徳義」へと転回した。やがて武家以外の庶民階級にも浸透して、一般の生活経済倫理にまで影響を及ぼすようになっていく。「武士道」の豊かなる実態の歴史を、実証主義史学の方法を用いつつ鮮やかに描き出し、その本質に迫る。

この本の目次

現代にとって武士道とは何か
武士の誕生―家と氏の成立
中世武士のエートス―もののふの道、弓矢取る身の習い
明文化される武士道―『甲陽軍艦』『諸家評定』『可笑記』
「治者」としての武士―徳川時代における武士道の深化・発展
生き延びるための思想―『葉隠』をめぐる誤解
持続的平和の時代の武士道―信義と仇討ち
国民文化としての武士道―庶民への浸透
武士の社会と経済倫理―資本主義のさきがけ
女性と武士道―武士道の主体としての女性
明治武士道とその後―近代化と国家主義
武士道七則―「忠」「義」「勇」「誠」「証」「礼」「普」
いま生きる武士道

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可