ロラン・バルト モード論集

ロラン・バルト 著 , 山田 登世子 編訳

才気きらめくエッセイ

エスプリの弾けるエッセイから、初期の金字塔『モードの体系』に至る記号学的モード研究まで。初期のバルトの才気が光るモード論考集。オリジナル編集・新訳。

ロラン・バルト モード論集
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ハ-9-7
  • 刊行日: 2011/11/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-09410-0
  • JANコード:9784480094100
ロラン・バルト
ロラン・バルト

バルト,ロラン

1915〜80年。記号のシステムとしてのテクスト分析により、それまでの批評言語を刷新し、現代思想にはかりしれない影響を与えたフランスの批評家。社会的神話学から出発し、記号学・テクスト性・モラリティの時代を経て、テクストの快楽の実践へと至った。交通事故により死去。

山田 登世子
山田 登世子

ヤマダ トヨコ

福岡県生まれ。名古屋大学大学院博士課程修了。フランス文学者。愛知淑徳大学教授。『リゾート世紀末』、『ブランドの条件』、『贅沢の条件』、『誰も知らない印象派娼婦の美術史』など著書多数。

この本の内容

初期の金字塔『モードの体系』当時のロラン・バルトは、ソシュールによって提唱された記号論的方法を探り、モードをその研究対象として、多くのエッセイを残している。モード界の2人のヒーローを対決させる「シャネルvsクレージュ」、装いの卓越性について語る「ダンディズムとモード」、衣服史研究の方法論をめぐる「衣服の歴史と社会学」、モード誌の表現からその意味作用を探る「今年はブルーが流行」など13本を収める。緻密かつ鮮やかにモードという日常の現象を分析してみせる1冊。新訳・オリジナル編集。

この本の目次

舞台衣装の病い
宝飾品からアクセサリーへ
ダンディズムとモード
靴下と思想
シャネルVSクレージュ
衣服の歴史と社会学―幾つかの方法論的考察
言語と衣服
衣服の社会学のために―キーナー『衣服、モード、人間―心理学的解釈の試み』書評
今年はブルーが流行―モードの衣服における記号作用単位についての研究ノート
モードと人文科学―『エシャンジュ』誌インタビュー〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可