手業に学べ 心

塩野 米松

手仕事に宿る、
匠の心

失われゆく手仕事の思想を体現する、伝統職人の聞き書き。「心」は斑鳩の里の宮大工、秋田のアケビ蔓細工師など17の職人が登場、仕事を語る。

手業に学べ 心
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:し-34-3
  • 刊行日: 2011/05/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:978-4-480-42823-3
  • JANコード:9784480428233
塩野 米松
塩野 米松

シオノ ヨネマツ

1947年、秋田県角館生まれ。作家。著書に宮大工棟梁・西岡常一、小川三夫、その弟子たちからの聞き書き『木のいのち木のこころ』のほか、『木の教え』『手業に学べ』など。聞き書きの名手。失われゆく伝統文化・技術の記録に精力的に取り組んでいる。

この本の内容

自然の恵みから暮らしに役立つモノを創り出してきた伝統職人たち。彼らのあいだで受け継がれてきた技や思想を、聞き書きという形で世に伝えてきた著者が、後世に語り継ぐべき仕事を厳選した決定版。「心」は斑鳩の里の宮大工、岐阜の木挽、秋田のアケビ蔓細工、函館の馬方、和歌山の炭焼き、西表島の芭蕉交布、山形のシナ織り、秋田の藁細工職人など17の職人が、自らの仕事を語る。

この本の目次

斑鳩の里の宮大工―小川三夫
桧枝岐のハンゾウ作り―平野守克
浄法寺の漆掻き職人―岩舘正二
岐阜の木挽―関谷文雄
秋田のアケビ蔓細工―中川原信一・恵美子
雪国のイタヤ細工師―菅原昭二
豊岡の杞柳細工―田中榮一・丸岡正子
函館の馬方―木村義男
備長炭の炭焼き父子―湯上勇・昇
七ヶ宿の炭焼き―佐藤石太郎〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可