塩野 米松
シオノ ヨネマツ

1947年、秋田県角館生まれ。作家。著書に宮大工棟梁・西岡常一、小川三夫、その弟子たちからの聞き書き『木のいのち木のこころ』のほか、『木の教え』『手業に学べ』など。聞き書きの名手。失われゆく伝統文化・技術の記録に精力的に取り組んでいる。

検索結果

前のページへ戻る
8件1~8件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

初代 竹内洋岳に聞く

塩野 米松 聞き書き 

日本人初、8000m峰14座完全登頂を達成した竹内洋岳。生い立ちから12座目ローツェの登頂に成功するまでを描き、その魅力ある人間性に迫る。

ちくま文庫  文庫判   528頁   刊行日 2013/07/10  ISBN 978-4-480-43081-6
JANコード 9784480430816

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

登頂 竹内洋岳

塩野 米松 著 

世界には標高8000メートル以上の高峰が14座存在する。日本人で初めてそれら14座への完全登頂を成し遂げた竹内洋岳の記録達成を追う、傑作ノンフィクション。

単行本  四六判   248頁   刊行日 2013/06/10  ISBN 978-4-480-81835-5
JANコード 9784480818355

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

百年の梅仕事

乗松 祥子 著  塩野 米松 聞き書き 

辻嘉一の下で働き、百年前の梅干しを譲り受けた著者。やがて梅干し作りの名人となった著者が語る、梅の効用、梅干し作りの極意、そして「辻留流」人の育て方。

単行本  四六判   208頁   刊行日 2013/03/07  ISBN 978-4-480-88530-2
JANコード 9784480885302

定価:本体1,700 円+税

桜のいのち庭のこころ

佐野 藤右衛門 著  塩野 米松 聞き書き 

花は桜の最後の仕事なんですわ。花を散らして初めて芽が出て一年間の営みが始まるんです――桜守と呼ばれる男が語る、桜と庭の尽きない話。

ちくま文庫  文庫判   256頁   刊行日 2012/04/10  ISBN 978-4-480-42919-3
JANコード 9784480429193

定価:本体700 円+税

在庫  ○

手業に学べ 技

塩野 米松 著 

伝統職人たちの言葉を刻みつけた、渾身の聞き書き。「技」は岡山の船大工、福島の野鍛冶、東京の檜皮葺き職人など13の職人が自らの仕事を語る。

ちくま文庫  文庫判   448頁   刊行日 2011/05/10  ISBN 978-4-480-42824-0
JANコード 9784480428240

定価:本体950 円+税

在庫  ○

手業に学べ 心

塩野 米松 著 

失われゆく手仕事の思想を体現する、伝統職人の聞き書き。「心」は斑鳩の里の宮大工、秋田のアケビ蔓細工師など17の職人が登場、仕事を語る。

ちくま文庫  文庫判   448頁   刊行日 2011/05/10  ISBN 978-4-480-42823-3
JANコード 9784480428233

定価:本体950 円+税

在庫  問合せ

木の教え

塩野 米松 著 

かつて日本人は木と共に生き、木に学んだ教訓を受け継いできた。効率主義に囚われた現代にこそ生かしたい「木の教え」を紹介。 <br /> 【解説: 丹羽宇一郎 】

ちくま文庫  文庫判   240頁   刊行日 2010/06/09  ISBN 978-4-480-42707-6
JANコード 9784480427076

定価:本体660 円+税

在庫  ○

聞き書き にっぽんの漁師

塩野 米松 著 

北海道から沖縄まで、漁師の生活を訪ねて歩いた珠玉の聞き書き。テクノロジーの導入で失われる伝統の技、資源の枯渇……漁業の現状と未来。

ちくま文庫  文庫判   320頁   刊行日 2009/11/10  ISBN 978-4-480-42654-3
JANコード 9784480426543

定価:本体880 円+税

  • 1