雑草はなぜそこに生えているのか ─弱さからの戦略

稲垣 栄洋

古代、人類の登場とともに出現した雑草は、本来とても弱い生物だ。その弱さを克服するためにとった緻密な生存戦略とは?その柔軟で力強い生き方を紹介する。

雑草はなぜそこに生えているのか ─弱さからの戦略
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0245
  • 整理番号:291
  • 刊行日: 2018/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-68995-5
  • JANコード:9784480689955
稲垣 栄洋
稲垣 栄洋

イナガキ ヒデヒロ

1968年静岡市生まれ。岡山大学大学院農学研究科修了。農学博士。専攻は雑草生態学。農林水産省、静岡県農林技術研究所等を経て、静岡大学大学院教授。主著に『雑草に学ぶ「ルデラル」な生き方』(亜紀書房)『植物の不思議な生き方』(朝日文庫)『身近な雑草の愉快な生きかた』 (ちくま文庫)『弱者の戦略』(新潮選書)『雑草は踏まれてもあきらめない』(中公ラクレ)『キャベツにだって花が咲く』(光文社新書)『都会の雑草、発見と楽しみ方』 (朝日新書)など多数。

この本の内容

「抜いても抜いても生えてくる、粘り強くてしぶとい」というイメージのある雑草だが、実はとても弱い植物だ。それゆえに生き残りをかけた驚くべき戦略をもっている。厳しい自然界を生きていくそのたくましさの秘密を紹介する。

この本の目次

第1章 雑草とは何か?
第2章 雑草は強くない
第3章 播いても芽が出ない(雑草の発芽戦略)
第4章 雑草は変化する(雑草の変異)
第5章 雑草の花の秘密(雑草の生殖生理)
第6章 タネの旅立ち(雑草の繁殖戦略)
第7章 雑草を防除する方法
第8章 理想的な雑草?
第9章 本当の雑草魂

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可