本屋一代記

大正から昭和のはじめ三十余年間に花開き、一代で終った伝説の本屋と、その番台にあって誰よりも学生を愛した“名物おばさん

本屋一代記
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0000
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1986/11/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:378
  • ISBN:4-480-85346-4
  • JANコード:9784480853462

この本の内容

京都では唯一岩波本をそろえ、大正から昭和のはじめまで30余年間に花開いて一代で終った西川誠光堂。京都でこの本屋を知らない学生はモグリといわれ、三高や京大生の集いの場となった書店の番台にあって、だれよりも学生たちを愛した“名物おばさん”西川ハル。いまはない伝説の本屋と、その時代を再現。

この本の目次

貸本屋をひらくまで
新刊を扱う本屋に
誠光堂に出入りする人々と本屋の周辺
社会主義の胎動
本屋の不景気
円本の時代はじまる
出版物に対する統制と誠光堂

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可