終わりなき日常を生きろ ─オウム完全克服マニュアル

宮台 真司

キーワードは「終わらない日常」と「さまよえる良心」。オウム幹部と同世代の著者が、オウムを生み出した世代と時代を徹底検証する。気鋭の社会学者の緊急声明。

終わりなき日常を生きろ ─オウム完全克服マニュアル
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1995/07/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:192
  • ISBN:4-480-85720-6
  • JANコード:9784480857200
宮台 真司
宮台 真司

ミヤダイ シンジ

社会学者。1959年仙台市生まれ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。首都大学東京教授。社会システム理論専攻。著書に『終わりなき日常を生きろ』『増補 サブカルチャー神話解体』『人生の教科書[よのなかのルール]』『挑発する知』『14歳からの社会学』(以上、ちくま文庫)、『オタク的想像力のリミット』(監修・筑摩書房)、『日本の難点』(幻冬舎新書)、『「絶望の時代」の希望の恋愛学』(KADOKAWA)、『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』(幻冬舎)等多数。

この本の内容

オウム事件以降も、歴史教科書問題・酒鬼薔薇事件と、終わりなき日常を濃密に生きる知恵を持たない人々が、ハタ迷惑な噴き上がりをみせつつある。世紀末的混乱のさなか、本書の意義はさらに増大しつつあると思う。

この本の目次

第1章 「オタク論・連赤論・二重組織論・邪宗論」はデタラメ(「オタク文化の悪しき影響」ではない
「連合赤軍事件と同じ」ではない ほか)
第2章 「さまよえる良心」がアブナイ(「末端の信者はいい人」ではない
元教団幹部Aの人となり ほか)
第3章 「終わらない日常」はキツイ(八〇年代の二つの終末観
サリンばらまき犯は「顔が見える」 ほか)
第4章 コミュニケーション・スキルという知恵(「終わらない日常」を生きるためのスキル
「世代的記憶」と結びついた喪失感 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可