ジャパン・クライシス ─ハイパーインフレがこの国を滅ぼす

橋爪 大三郎 著 , 小林 慶一郎

増え続ける政府の借金。このままでは大破局に陥り、多数の国民が路頭に迷いかねない。憂国の社会学者と経済学者が、知っておくべき基礎知識から処方箋まで提示した必読書!

ジャパン・クライシス ─ハイパーインフレがこの国を滅ぼす
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0033
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/10/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-86433-8
  • JANコード:9784480864338
橋爪 大三郎
橋爪 大三郎

ハシヅメ ダイサブロウ

1949年、神奈川県生まれ。社会学者。東京工業大学名誉教授。77年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。95〜2013年、東京工業大学教授。主な著書に『はじめての構造主義』『はじめての言語ゲーム』(以上、講談社現代新書、『世界がわかる宗教社会学入門』(ちくま文庫)、『世界は宗教で動いている』『戦争の社会学』(以上、光文社新書)、『国家緊急権』(NHKブックス)、『政治の教室』(講談社学術文庫)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)、『フリーメイソン』(小学館新書)、『世界は四大文明でできている』(NHK出版新書)など多数。

この本の内容

このまま行けば、大破局!せっかくの資産が瞬く間に吹っ飛び、年金も破綻。銀行や企業の倒産が続発し、現役世代は路頭に迷う…。政府の借金によるクライシスを回避するには、どうすればいいのか?気鋭の経済学者と憂国の社会学者が、“破局回避のための改革プラン”を提示。

この本の目次

第1部 すぐそこにあるクライシス―一〇〇〇兆円を突破した日本の借金(一億三〇〇〇万人のための基礎知識
日本の借金を解剖する!
「財政敗戦」へのカウントダウン)
第2部 最悪のシナリオ(暗雲
ハイパーインフレ、始まる
焼け野原
死屍累々)
第3部 破局回避のための改革プラン(アベノミクスを検証する
消費税三五%への道
まだ間に合う!)

読者の感想

2014.11.03 那須の余一

この国を導く官僚たちは優秀だが、、増税すると増税した分をこれまで、どのように使ってきたか借金の返済に真摯に向き合っていない、いや増税した分をばら撒いているように感じる。35パーセントに増税すれば、使いいがっての金が、増え優秀な官僚たちは、自分の都合のいい使い方をする。
 これまでも、年金財政を自分の都合で使ってきた官僚たち、国が破綻するまで自分の都合のいいように使うのが目に見えている。集めた金の使い方に問題がある。増税は納得できるが、優秀な官僚たちの金の使い方には、納得できない。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可