映画n−1

松浦 寿輝

ゴダール、ヒッチコック、そしてドゥルーズ。映像と現代思想のとり結ぶ最前線を横断し、シネアストの魅惑を繊細に論じる気鋭の詩人・松浦寿輝の挑発的映画論。

映画n−1
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,400円+税
  • Cコード:0074
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1987/05/29
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:274
  • ISBN:4-480-87101-2
  • JANコード:9784480871015
松浦 寿輝
松浦 寿輝

マツウラ ヒサキ

1954年、東京生まれ。1980年、東京大学大学院仏語仏文学専攻修士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授(表象文化論)。詩人、作家、映画評論家でもある。2000年、『花腐し』(講談社)で第123回芥川賞受賞。著書に『表象と倒錯』『エッフェル塔試論』『ゴダール』『Y・死・閾』『映画1+1』(筑摩書房)、『半島』(文藝春秋)、『物質と記憶』(思潮社)、『官能の哲学』(岩波書店)、『冬の本』(青土社)など。

この本の内容

映画は1を欠いている。複数の〈わたし〉に決定的な刻印をしるす、このマイナス1をめぐって旋回する魅惑のエクリチュール。気鋭の詩人が、繊細かつ大胆な情熱をこめて繰り広げる待望の映画論集成。

この本の目次

1 映画空間へ(液体論―映画的交合とその異化
みずからの独身者たちによって裸にされた映画、さえも
映画と色彩)
2 幻想的肉体(接吻論―官能的距離の背理
ゆらめく上半身―イングリッド・バーグマン論
少年、あるいは無表情のゼロ記号
映画、死者を欠いた葬礼)
3作家論=主題論(燃えあがる文字、書かれた炎―『アデルの恋の物語』のために
ヒッチコックの「劇場」―緊張と撹乱
タルコフスキー空間―多孔質の境界)
4 模像と運動(ドゥルーズ〈と〉映画
囮と人形―相似の映画論)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可