田中 久文
タナカ キュウブン

1952年生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。同大学院博士課程修了。日本大学教授をへて、現在、日本女子大学人間社会学部教授。文学博士。専門は倫理学・日本思想史・日本文化論。日本の近代哲学を伝統思想との関連のなかで読み解き、現代の倫理学的課題に生かそうと試みている。主な著書に『九鬼周造――偶然と自然』(ぺりかん社、第一回中村元賞受賞)、『丸山眞男を読みなおす』(講談社選書メチエ)、『日本美を哲学するあはれ・幽玄・さび・いき』(青土社)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

近代日本思想選 九鬼周造

田中 久文 編集 

日本哲学史において特異な位置を占める九鬼周造。時間論、「いき」の美学、偶然性の哲学など、その思考の多面性が厳選された論考から浮かび上がる。

  文庫判   656頁   刊行日 2020/08/06  ISBN 978-4-480-09982-2
JANコード 9784480099822

定価:本体1,700 円+税

在庫  ○

日本の哲学をよむ ─「無」の思想の系譜

田中 久文 著 

近代を根本から問う日本独自の哲学が一九三〇年代に生まれた。西田幾多郎・田辺元・和{辻}哲郎・九鬼周造・三木清による「無」の思想の意義を平明に説く。

ちくま学芸文庫  文庫判   336頁   刊行日 2015/03/10  ISBN 978-4-480-09664-7
JANコード 9784480096647

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

日本の「哲学」を読み解く

田中 久文 著 

日本に本当に独創的な哲学はあるのか? 「無」の哲学を生みだした西田幾多郎・和辻哲郎・九鬼周造・三木清らをわかりやすく解説し、現代をいきぬく知恵を探る。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2000/11/20  ISBN 4-480-05869-9
JANコード 9784480058690

定価:本体680 円+税

  • 1