橋本 努
ハシモト ツトム

1967年生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科課程単位取得退学。博士(学術)。現在、北海道大学大学院経済学研究科教授。シノドス国際社会動向研究所所長。社会経済学、社会哲学を専攻。主な著書に『自由原理 来るべき福祉国家の理念』(岩波書店)、『経済倫理=あなたは、なに主義?』『解読 ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』』(以上、講談社選書メチエ)、『自由の論法 ポパー・ミーゼス・ハイエク』(創文社)、『帝国の条件 自由を育む秩序の原理』(弘文堂)、『自由に生きるとはどういうことか 戦後日本社会論』『学問の技法』(以上、ちくま新書)など多数。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

学問の技法

橋本 努 著 

学問の王道から邪道まで、著者自身の苦悩から生み出されたテクニックを満載! 大学生はもちろん社会人も、読めば学問がしたくてしょうがなくなる、誘惑の一冊。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2013/01/07  ISBN 978-4-480-06698-5
JANコード 9784480066985

定価:本体810 円+税

在庫  ○

1970年転換期における『展望』を読む ─思想が現実だった頃

大澤 真幸 編集  斎藤 美奈子 編集  原 武史 編集  橋本 努 編集 

激動の時代に思考の格闘を繰り広げた『展望』を読み直し「今」を考える。編集委員の基調論文と復刻論文、編集委員座談会から構成。筑摩書房創業70周年記念企画。

単行本  A5判   480頁   刊行日 2010/12/20  ISBN 978-4-480-84294-7
JANコード 9784480842947

定価:本体2,400 円+税

自由に生きるとはどういうことか  ─戦後日本社会論

橋本 努 著 

戦後日本は自由を手に入れたが、現実には閉塞感が蔓延するばかりだ。この不自由社会を人はどう生き抜くべきか? 私たちの時代経験を素材に描く清新な「自由論」。

ちくま新書  新書判   272頁   刊行日 2007/11/05  ISBN 978-4-480-06393-9
JANコード 9784480063939

定価:本体780 円+税

  • 1