1970年転換期における『展望』を読む ─思想が現実だった頃

大澤 真幸 編集 , 斎藤 美奈子 編集 , 原 武史 編集 , 橋本 努 編集

あのとき、みんな、
何を考えていたのか。
私たちは今もなお、
あの問題圏のなかにいる。

激動の時代に思考の格闘を繰り広げた『展望』を読み直し「今」を考える。編集委員の基調論文と復刻論文、編集委員座談会から構成。筑摩書房創業70周年記念企画。

1970年転換期における『展望』を読む ─思想が現実だった頃
  • シリーズ:単行本
  • 2,640円(税込)
  • Cコード:0000
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/12/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-84294-7
  • JANコード:9784480842947
大澤 真幸
大澤 真幸

オオサワ マサチ

1958年長野県松本市生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。個人思想誌『THINKING「O」』(左右社)主宰。専攻は比較社会学・社会システム論。著書『ナショナリズムの由来』(講談社、毎日出版文化賞)、『夢よりも深い覚醒へ』『不可能性の時代』(以上、岩波新書)、『増補 虚構の時代の果て』『恋愛の不可能性について』(以上、ちくま学芸文庫)、『ふしぎなキリスト教』(共著、講談社現代新書、新書大賞)など多数。

斎藤 美奈子
斎藤 美奈子

サイトウ ミナコ

1956年新潟生まれ。文芸評論家。94年、『妊娠小説』(筑摩書房/ちくま文庫)でデビュー。文芸評論、社会評論、書評などを幅広く執筆。2002年、『文章読本さん江』(筑摩書房/ちくま文庫)で第1回小林秀雄賞受賞。他の著書に『読者は躍る』『モダンガール論』『文学的商品学』『誤読日記』『それってどうなの主義』(以上、文春文庫)、『紅一点論』『趣味は読書。』(ちくま文庫)、『物は言いよう』(平凡社)、『冠婚葬祭のひみつ』(岩波新書)、『たまには、時事ネタ』『ふたたび、時事ネタ』(中央公論新社)、『月夜にランタン』 (筑摩書房)など。

原 武史
原 武史

ハラ タケシ

一九六二年〜。東京都生まれ。政治学者。政治思想史専攻。明治学院大学教授。日経新聞記者として昭和天皇最晩年を取材した経験を持つ。著書に『大正天皇』(朝日選書)、『可視化された帝国』(みすず書房)、『滝山コミューン一九七四』(講談社/講談社文庫)、『昭和天皇』(岩波新書)、『皇居前広場』(ちくま学芸文庫)など。鉄道マニアとしても知られ、『鉄道ひとつばなし』『沿線風景』(以上、講談社)などの著書もある。

橋本 努
橋本 努

ハシモト ツトム

1967年生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科課程単位取得退学。博士(学術)。現在、北海道大学大学院経済学研究科教授。シノドス国際社会動向研究所所長。社会経済学、社会哲学を専攻。主な著書に『自由原理 来るべき福祉国家の理念』(岩波書店)、『経済倫理=あなたは、なに主義?』『解読 ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』』(以上、講談社選書メチエ)、『自由の論法 ポパー・ミーゼス・ハイエク』(創文社)、『帝国の条件 自由を育む秩序の原理』(弘文堂)、『自由に生きるとはどういうことか 戦後日本社会論』『学問の技法』(以上、ちくま新書)など多数。

この本の内容

戦後すぐに創刊された総合誌『展望』は、一時的な休刊を経て64年に復刊、78年まで刊行された。社会が大きく変動した時代、なにが論じられていたのか。編集委員が討議の上、各々のテーマを立て、重要論文をピックアップ。その意味を問う。

この本の目次

<夢の時代>大澤真幸編(作田啓一/橋川文三/山口昌男/中野美代子/真木悠介/大澤真幸);<中央線の空間政治学>原武史編(原武史/臼井吉見/西山夘三/松下圭一/川本三郎/竹内好×鶴見俊輔(対談)/吉本隆明);<新たな社会を創出する企て>橋本努編(竹内芳郎/福島新吾/上山春平/酒井角三郎/XYZ(鼎談時評)/花崎皋平+武藤一羊/橋本努);<市民と政治と文学と>斎藤美奈子編(斎藤美奈子/小田実/篠田一士/磯田光一/斎藤美奈子/石田郁夫/岡田さなえ/石牟礼道子/小沢遼子);<編集委員座談会>大澤真幸×斎藤美奈子×橋本努×原武史;<年表1960-1970>

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可