親鸞入門

佐藤 正英

他力とは何か。

比叡山で修行後、法然門下の若き念仏者として出発した親鸞。仏の知の探究に向けて、生涯自らを問いつづけた独自の思想の核心を読み解き、新たな親鸞像に迫る。

親鸞入門
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0215
  • 整理番号:176
  • 刊行日: 1998/10/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-05776-5
  • JANコード:9784480057761
佐藤 正英
佐藤 正英

サトウ マサヒデ

1936年生まれ。東京大学名誉教授。倫理学・日本倫理思想史専攻。著書に『隠遁の思想』『五輪書』他多数。

この本の内容

比叡山で修行の後、法然門下の若き念仏者として出発した親鸞。六角堂参籠での夢告から越後国への流罪を経て、東国常陸国稲田への移住、『教行信証』の述作へ、さらに唯円との出会い、晩年の善鸞義絶事件へ―。その九十年にわたる長い生涯は、「真にして実なる」絶対知の探求に向けて、絶えず内なる存在である自己を追求しつづけた「信」の軌跡であったといえよう。その波乱の生涯を背景に、一人の念仏者として自らを問いつづけた独自の思想の核心を読み解き、新たな親鸞の全体像に迫る。

この本の目次

第1章 菩薩僧
第2章 回心
第3章 念仏者
第4章 流罪
第5章 非僧非俗
第6章 稲田草庵の日々
第7章 『教行信証』の世界
第8章 帰京

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可