甲陽軍鑑

佐藤 正英

「風林火山」の原点
武田信玄と甲州武士団の思想と行動
原文に現代語訳を付す

武田信玄と甲州武士団の思想と行動の集大成。大部から、山本勘助の物語や川中島の合戦など、その白眉を収録。新校訂の原文に現代語訳を付す。

甲陽軍鑑
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0112
  • 整理番号:サ-15-2
  • 刊行日: 2006/12/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-09040-9
  • JANコード:9784480090409
佐藤 正英
佐藤 正英

サトウ マサヒデ

1936年生まれ。東京大学名誉教授。倫理学・日本倫理思想史専攻。著書に『隠遁の思想』『五輪書』他多数。

この本の内容

戦国大名武田信玄、勝頼二代にわたる甲州武士の事績、心構え、軍法、合戦などが記された壮大な歴史パノラマ。戦国時代に形成された武士道の集大成ともいわれ、元和以来、武士の間で広く読まれた。また、講談や歌舞伎狂言などにも翻案され、庶民にも遍く普及し今に伝わっている。本書は、全二十巻五十九品の中から、その白眉と目される山本勘助の物語、信玄一代記、甲州法度など話題に富む十四品を収録。歴史に関心をもつ読者はもとより、広く現代において、組織の上に立つ者の必読の名著。原文に現代語訳を付す。

この本の目次

分国中仕置五十七箇条の事
典厩九十九箇条の事
信虎公を追出の事
晴信公三十一歳にて発心ありて信玄になり給ふ事
春日源五郎奉公の故に立身の事
信玄公御時代大将衆の事
小笠原源与斎軍配奇特ある事
判兵庫星占の事 付けたり長坂長閑面目なき仕合の事
信玄公御歌の会の事
信玄家にて来年の備へ定め、前の年談合の事〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可