市町村合併

佐々木 信夫

市町村合併は私たちの生活をどう変えるのか。合併の意義や歴史、メリット、デメリット、さらにはパターンなどを解説し、地域を活性化する合併のあり方を考える。

市町村合併
  • シリーズ:ちくま新書
  • 770円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:354
  • 刊行日: 2002/07/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05954-7
  • JANコード:9784480059543
佐々木 信夫
佐々木 信夫

ササキ ノブオ

1948年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修了、法学博士(慶應義塾大学)。東京都庁勤務を経て、89年聖学院大学教授、94年中央大学教授。米カリフォルニア大学(UCLA)客員研究員、2001年から中央大学大学院経済学研究科教授。専門は行政学、地方自治論。日本自治創造学会会長、慶應義塾大学講師、日本学術会議連携会員など兼任。著書に『地方議員』(PHP新書)、『現代地方自治』(学陽書房)、『自治体をどう変えるか』『市町村合併』(ちくま新書)、『東京都政』『都庁』(岩波新書)、『都市行政学研究』(頸草書房)など多数。テレビ解説、講演、執筆活動も精力的に展開。日本都市学会賞、NHK地域放送文化賞受賞。

この本の内容

全国各地で市町村合併の論議が高まっている。分権時代のまちづくりを考えても、深刻化する財政危機を考えても、市町村の根本的な改革が必要なことは確かである。しかし、合併はあくまでも手段であって目的ではない。合併の意義や歴史、メリット、デメリット、パターンを知り、住民が主体的に地域の将来像をどう描き出すのか、その処方箋を探る。

この本の目次

序章 問われる国家の将来像
第1章 なぜ市町村合併なのか
第2章 市町村合併の論点
第3章 市町村合併の制度設計
第4章 合併に伴う期待と不安
第5章 自治体は変われるか
第6章 地方制度の将来
終章 次の時代を創る

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可