不安を生きる

島田 裕巳

いま多くの人が不安を抱えている。それはなぜか。どうすればいいのか。不安をバネにし、自分の足場をしっかり築くなど、囚われなく生きる為のヒントを提示する。

不安を生きる
  • シリーズ:ちくま新書
  • 770円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:530
  • 刊行日: 2005/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-06230-0
  • JANコード:9784480062307
島田 裕巳
島田 裕巳

シマダ ヒロミ

1953年東京生まれ。宗教学者、作家。東京大学文学部宗教学科卒業。同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員などを歴任。現在は、NPO法人葬送の自由をすすめる会会長、東京女子大学非常勤講師。著書に『神も仏も大好きな日本人』(ちくま新書)、『映画は父を殺すためにある』(ちくま文庫)、『日本の10大新宗教』『葬式は、要らない』『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』(それぞれ幻冬舎新書)、『ほんとうの親鸞』(講談社現代新書)など多数。

この本の内容

私たちの社会には今、漠然とした不安が広がっている。将来の変化を見通せず、未来への希望が持てない。会社もアテにできず、心底頼れる人も見当たらない。そんな思いを抱く人が増えている。こうした事態は、都市化が進展し、かつて私たちを支えていたムラ的な共同体が衰弱してしまったことと無縁ではない。しかし、便利な生活を手に入れ、自由を享受する私たちは、もう後戻りすることはできない。不安とどう向き合い、どう生きればいいのか。この問いを多角的に追究した本書は、現代社会を生きる私たちにとって示唆に富む一冊である。

この本の目次

1 不安と悩み
2 体感不安の時代
3 不安をとらえる視点
4 不安をバネにする
5 仕事と不安
6 都市生活者の不安
7 不安を煽る「癒し」産業
8 「支え」としての共同体
9 自分の足場をつくる

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可