軍国日本と『孫子』

湯浅 邦弘

誤読・曲解から精神主義へ
そして破滅の道へ――

日本の軍国化が進む中、精神的実践的支柱として利用された『孫子』。なぜ日本は下策とされる長期消耗戦を辿り、敗戦に至ったか? 中国古典に秘められた近代史!

軍国日本と『孫子』
  • シリーズ:ちくま新書
  • 902円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1127
  • 刊行日: 2015/06/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-06834-7
  • JANコード:9784480068347
湯浅 邦弘
湯浅 邦弘

ユアサ クニヒロ

1957年島根県生まれ。大阪大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。北海道教育大学講師、島根大学助教授、大阪大学助教授を経て、現在、大阪大学大学院教授。専攻、中国思想。主な著書に、『諸子百家』『菜根譚』『論語』(以上、中公新書)、『入門 老荘思想』(ちくま新書)、『竹簡学──中国古代思想の探求』『墨の道 印の宇宙』(以上、大阪大学出版会)、『よみがえる中国の兵法』(大修館書店)、『中国古代軍事思想史の研究』(研文出版)などがある。

この本の内容

今日も日本人に愛読される『孫子』。しかし、この中国古典と近代日本には秘められた関係がある。日本の軍国化が進むにつれ、『孫子』は精神的・実践的支柱となっていったのだ。各種軍令には『孫子』と共通する点があるとされ、実戦的『孫子』解説までが登場する。しかし実際の日本は、『孫子』が最も下策だとする長期消耗戦に突入していく時代、『孫子』はどのように読まれたのか。昭和天皇は敗因をどう分析したか。日本はなぜ戦争を始め、また敗れたのか。『孫子』の兵法を手がかりに考える。

この本の目次

第1章 日本人は『孫子』を正しく理解していたのか
第2章 精神的支柱としての『孫子』―明治時代の兵学
第3章 日露戦争の余韻―大正時代の『孫子』
第4章 栄光ある孤立へ―昭和の『孫子』
第5章 『孫子』との訣別
終章 戦争の書から商戦の書へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可