コロナ対策禍の国と自治体 ─災害行政の迷走と閉塞

金井 利之

コロナウイルス対策で、なぜ国対自治体の構図に象徴される非難応酬が起きるのか。民衆にとって行政のコロナ対策自体が災禍となっている苛政の現状を分析する。

コロナ対策禍の国と自治体 ─災害行政の迷走と閉塞
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,034円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1575
  • 刊行日: 2021/05/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-07403-4
  • JANコード:9784480074034
金井 利之
金井 利之

カナイ トシユキ

1967年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科教授。都市行政学。著書『自治制度』『財政調整の一般理論』(以上、東京大学出版会)、『原発と自治体』(岩波ブックレット)など。

この本の内容

日本の行政は、突発事態への臨機応変な対応を得意としていない。そこへ想定外の新型コロナウイルスの世界的流行がやってきた。行政は不具合に陥り、国対自治体の構図に象徴される非難応酬が起きている。内閣に権力を集中させて危機管理に当たるかに見せて、それは空想の「災害行政組織」と迷走の「災害行政対応」として閉塞に陥る。民衆にとって行政のコロナ対策自体が禍いとなっている苛政の現状を分析し、現状の権力集中の願望に代わる、地道な災害行政のあるべき姿を考える。

この本の目次

序章 コロナ元年(疫病禍と行政
災害行政の分析枠組 ほか)
第1章 災害対策と自治体(災害行政組織の特徴
災害行政対応の特徴)
第2章 コロナ対策禍と自治体(追従・忖度から放縦へ
排除と鎮静 ほか)
第3章 コロナ対策の閉塞(三すくみの閉塞―蔓延防止・医療提供・生活経済
玉突きの閉塞 ほか)
終章 コロナ三年(長期的な社会・経済保障
複雑性 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可