憲法政治 ─「護憲か改憲か」を超えて

清水 真人

「憲法改正」とは何なのか? 緻密な取材を重ね、永田町を動かした改憲論議を読み解く。アカデミズムとジャーナリズムを往還し、憲法をめぐる政治の潮流を描く。

憲法政治 ─「護憲か改憲か」を超えて
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,034円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1627
  • 刊行日: 2022/01/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-07447-8
  • JANコード:9784480074478
清水 真人
清水 真人

シミズ マサト

日本経済新聞編集委員。1964年生まれ。東京大学法学部卒業、同年日本経済新聞社に入社。政治部(首相官邸、自民党、公明党、外務省を担当)、経済部(大蔵省などを担当)、ジュネーブ支局長を経て、2004年より現職。著書に『平成デモクラシー史』(ちくま新書)、『官邸主導』『経済財政戦記』『首相の蹉跌』(いずれも日本経済新聞出版社)、『消費税 政と官の「十年戦争」』(新潮社)、『財務省と政治』(中公新書)、佐々木毅氏との共編著に『ゼミナール現代日本政治』(日本経済新聞出版社)がある。

この本の内容

憲法と政治には、一筋縄ではいかない相互作用のダイナミズムが働いている。憲法は民主政治のプロセスを形づくる法であると同時に、そのプロセスを通じて、憲法自体が改正されることもありうるからだ。本書では、こうしたダイナミズムを「憲法政治」と定義し、国会の信任で内閣が成り立つ「議院内閣制」の統治構造に切り込んで、憲法改正の難しさの深層を考察する。緻密な取材を重ね、「憲法改正」をめぐる現実政治の潮流と統治構造の改革論を重層的に描くドキュメント。

この本の目次

序 「憲法を巡る政治」の一〇年
第1章 改憲が自己目的化する力学 2012〜2013
第2章 集団的自衛権と憲法九条 2013〜2015
第3章 象徴天皇と「アベ政治」 2015〜2016
第4章 首相が改憲を提案するとき 2016〜2017
第5章 「自衛隊明記」へ自民攻防 2017〜2018
第6章 「中山ルール」の重みと限界 2018〜2019
第7章 コロナとデジタル「新しい中世」 2020〜2021
終章 憲法改正論議の三原則

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可