アッシリア 人類最古の帝国

山田 重郎

アッシリアはいかにして西アジアを統一する世界最古の帝国となりえたのか。都市国家アッシュルの誕生から、帝国の絶頂期、そして謎に満ちた滅亡までを一望する。

アッシリア 人類最古の帝国
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0222
  • 整理番号:1800
  • 刊行日: 2024/06/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-07620-5
  • JANコード:9784480076205
山田 重郎
山田 重郎

ヤマダ シゲオ

山田 重郎(やまだ・しげお):1959年生まれ。筑波大学大学院歴史・人類学研究科(西洋史専攻)単位取得退学。エルサレム・ヘブル大学大学院古代中近東研究科(アッシリア学)にてPh.D.を取得。現在、筑波大学人文社会系教授。専門はアッシリア学。おもな著書に、『ネブカドネザル2世』(山川出版社、世界史リブレット人)、『歴史学の現在 古代オリエント』(共著、山川出版社)、The Construction of the Assyrian Empire(Brill)、The Royal Inscriptions of Tiglath-pileser III (744-727 BC) and Shalmaneser V (726-722 BC), Kings of Assyria(共著、 Eisenbrauns)などがある。

この本の内容

人類史上最古の帝国、アッシリア。圧倒的な軍事力と洗練された行政システムによって古代西アジア世界の統一を成し遂げたこの国家はいかにして生まれ、なぜその繁栄の絶頂から一〇〇年ほどのうちに歴史の表舞台から姿を消したのか。本書では、その起源である都市国家アッシュルの誕生から、領域国家アッシリアの成立、さらにはそれがバビロニアをはじめとする近隣諸国と抗争を繰り返しながら帝国として花開くまでの一五〇〇年にもわたる歴史をたどり、謎に満ちた滅亡の背景に迫る。本邦を代表するアッシリア学者による待望の通史。

この本の目次

序章 「アッシリア」とその史資料
第1章 都市国家アッシュル―古アッシリア時代
第2章 領域国家アッシリアの成立―中アッシリア時代
第3章 帝国への序曲
第4章 帝国期の幕開け
第5章 サルゴン二世と「サルゴン朝」
第6章 センナケリブの治世と帝都ニネヴェ
第7章 エサルハドンの偉功と苦悩
第8章 アッシュルバニパルとアッシリアの繁栄
第9章 帝国の落日
終章 アッシリアの記憶

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳

 公開可   公開不可