ヴェニスの商人の資本論

岩井 克人

〈資本主義〉のシステムやその根底にある〈貨幣〉の逆説とは何か。その怪物めいた謎をめぐって、明晰な論理と軽妙な洒脱さで展開する諸考察。

ヴェニスの商人の資本論
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0133
  • 整理番号:イ-1-1
  • 刊行日: 1992/06/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:4-480-08004-X
  • JANコード:9784480080042
岩井 克人
岩井 克人

イワイ カツヒト

1947年生まれ。東京大学経済学部卒業。マサチューセッツ工科大学Ph.D.取得。イェール大学助教授、東京大学経済学部教授等を経て、現在、国際基督教大学客員教授、東京大学名誉教授、東京財団名誉研究員。著書に、Disequilibrium Dynamics(日経・経済図書文化賞特賞)、『ヴェニスの商人の資本論』、『貨幣論』(サントリー学芸賞)、『会社はこれからどうなるのか』(小林秀雄賞)ほか。

この本の内容

〈資本主義〉のシステムやその根底にある〈貨幣〉の逆説とはなにか。その怪物めいた謎をめぐって、シェイクスピアの喜劇を舞台に、登場人物の演ずる役廻りを読み解く表題作「ヴェニスの商人の資本論」。そのほか、「パンダの親指と経済人類学」など明晰な論理と軽妙な洒脱さで展開する気鋭の経済学者による貨幣や言葉の逆説についての諸考察。

この本の目次

資本主義(ヴェニスの商人の資本論
キャベツ人形の資本主義
遅れてきたマルクス)
貨幣と媒介(媒介が媒介について媒介しはじめる話
広告の形而上学
ホンモノのおカネの作り方
はじめの贈与と市場交換
パンダの親指と経済人類学)
不均衡動学(不均衡動学とは
個人「合理性」と社会「合理性」
マクロ経済学の「蚊柱」理論
「経済学的思考について
知識と経済不均衡)
書物

読者の感想

2009.6.08 アントーニオ

良い

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可