橋爪大三郎の政治・経済学講義

橋爪 大三郎

何が世の中を動かすのか

政治は、経済は、どう動くのか。この時代を生きるために、日本と世界の現実を見定める目を養い、考える材料を蓄え、構想する力を培う基礎講座!

橋爪大三郎の政治・経済学講義
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:ハ-30-2
  • 刊行日: 2008/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-09154-3
  • JANコード:9784480091543
橋爪 大三郎
橋爪 大三郎

ハシヅメ ダイサブロウ

1949年、神奈川県生まれ。社会学者。東京工業大学名誉教授。77年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。95〜2013年、東京工業大学教授。主な著書に『はじめての構造主義』『はじめての言語ゲーム』(以上、講談社現代新書、『世界がわかる宗教社会学入門』(ちくま文庫)、『世界は宗教で動いている』『戦争の社会学』(以上、光文社新書)、『国家緊急権』(NHKブックス)、『政治の教室』(講談社学術文庫)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)、『フリーメイソン』(小学館新書)、『世界は四大文明でできている』(NHK出版新書)など多数。

この本の内容

「政治学」も「経済学」も、むずかしくてよくわからない。学問なんて現実には役に立たないのでは?―そんなあなた、たしかに教科書を読んでも、世の中を動かす力の正体は見えてきません。大切なのは、経済や政治や法律や文化が、互いにどうつながっているのか、だから。そのつながりを知るために、知の体力を養おう。政治とは何か。民主主義とはどんな仕組みなのか。そもそも資本主義とは何なのか。人間にとって生活とはどんな意味をもつのか。専門化した学問のコリをほぐして、広い視野から考えよう。これからの時代を生き抜くための地図とコンパスを、本書が授けます。

この本の目次

講義をはじめるにあたって―日本をまともな国家にするために
講座1 政治について考える(政治とは何か
日本の政治権力はどのように作動するか
日本の民主主義
民主主義と憲法
天皇と民主主義
政教分離について
政治が絶望的に下手くそな日本人)
講座2 暮らしと経済(資本主義再入門
企業と日本文化
人間にとって生活とは何か
一〇〇年マンションで都市再生を)
講座3 日本の、これから(日本のかたちを、どのように構想するか
国際化と日本人の意識
日本人はなぜ論争が下手なのか
日本人はなぜ危機意識が足りないのか
日本人はなぜ組織をつくるのが下手くそなのか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可