芳香は心身を癒し、悪臭は人種・階級差別を補強する。匂いには、確かに力がある。本書は通時的・通文化的に嗅覚と社会の関係を考察し、文化の<<本質:エッセンス>>を探究する。

アローマ ─匂いの文化史
  • シリーズ:単行本
  • 3,080円(税込)
  • Cコード:0039
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/02/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:336
  • ISBN:4-480-85744-3
  • JANコード:9784480857446

この本の目次

失われた匂いを求めて(古代の香り
香りを追って―中世から近代へ)
嗅覚の差異(匂いの宇宙
匂いの儀礼)
匂い・権力・社会(匂いと権力―匂いをめぐる政治学
商品の香り―香りの商業化)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可