高階 秀爾
タカシナ シュウジ

1932年東京生まれ。東京大学教養学部卒業、同大学院およびパリ大学で近代美術史を専攻。国立西洋美術館館長をへて現在、大原美術館館長、東京大学名誉教授。ルネサンスから現代美術まで、あるいは西洋美術から日本美術まで、 広い視野に基づく知性と独自の感性を駆使した明晰な研究と評論で知られる。『ルネッサンスの光と闇』で芸術選奨文部大臣賞受賞。『20世紀美術』、『日本近代美術史論』、 『ゴッホの眼』、『想像力と幻想』などの著書のほか、クラーク『ザ・ヌード』、ウィント『芸術と狂気』などの訳書も多い。

検索結果

前のページへ戻る
6件1~6件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

日本人にとって美しさとは何か

高階 秀爾 著 

大胆なデザイン性、多様な要素を一つ画面に納める構成力、日本独自の美意識を明らかにし、この感性がいかに中国や西洋の文化を受け入れたかを詳らかにする。

単行本  四六判   256頁   刊行日 2015/09/24  ISBN 978-4-480-87384-2
JANコード 9784480873842

定価:本体1,900 円+税

在庫  ○

世紀末芸術

高階 秀爾 著 

伝統芸術から現代芸術へ。19世紀末の芸術運動には既に抽象芸術や幻想世界の探求が萌芽していた。新時代への美の冒険を捉える。 <br /> 【解説: 鶴岡真弓 】

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2008/07/09  ISBN 978-4-480-09158-1
JANコード 9784480091581

定価:本体1,200 円+税

在庫  問合せ

日本近代美術史論

高階 秀爾 著 

圧倒的な西洋文化に開眼した明治の日本美術。高橋由一から藤島武二まで。日本的感性の挫折と革新を鮮やかに論証する名著。 <br /> 【解説: 酒井忠康 】

ちくま学芸文庫  文庫判   464頁   刊行日 2006/06/07  ISBN 4-480-08989-6
JANコード 9784480089892

定価:本体1,400 円+税

ザ・ヌード ─理想的形態の研究

ケネス・クラーク 著  高階 秀爾 翻訳  佐々木 英也 翻訳 

古代ギリシャで成立以来、人間的な経験を強く喚起させたがゆえ文明の表象になった裸体像。その流れを包括的に跡づけ、創作の本質に迫る名著。

ちくま学芸文庫  文庫判   704頁   刊行日 2004/06/09  ISBN 978-4-480-08858-1
JANコード 9784480088581

定価:本体2,200 円+税

ピカソ 剽窃の論理

高階 秀爾 著 

過去の画家たちの作品を独自に変容させ自らの作品とした天才画家ピカソ。その表現を徹底的に解明し、創造の本質に迫る碩学の書。 <br /> 【解説: 大岡信 】

ちくま学芸文庫  文庫判   288頁   刊行日 1995/01/09  ISBN 4-480-08178-X
JANコード 9784480081780

定価:本体1,250 円+税

20世紀美術

高階 秀爾 著 

混乱した二〇世紀の美術を鳥瞰し、近代以降、現代すなわち同時代の感覚が生み出した芸術が、われわれにとって持つ意味を探る。増補版、図版多数。

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 1993/04/07  ISBN 4-480-08055-4
JANコード 9784480080554

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

  • 1