高瀬 正仁
タカセ マサヒト

1951年、群馬県生まれ。九州大学大学院数理学研究院准教授。専攻、多変数関数論・近代数学史。著書に『岡潔』『高木貞治』(以上、岩波新書)、『dxとdyの解析学』(日本評論社)、訳書に『オイラーの無限解析』『オイラーの解析幾何』『ルジャンドル 数の理論』(以上、海鳴社)、『ガウス整数論』『アーベル/ガロア楕円関数論』(以上、朝倉書店)などがある。上記の古典数学書の翻訳などで2009年度日本数学会出版賞受賞。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ガウス 数論論文集

ガウス 著  高瀬 正仁 翻訳 

成熟した果実のみを提示したと評されるガウス。しかし原典からは考察の息づかいが読み取れる。4次剰余理論など公表した5篇すべてを収録。本邦初訳。

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2012/07/10  ISBN 978-4-480-09474-2
JANコード 9784480094742

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

ガウスの数論 ─わたしのガウス

高瀬 正仁 著 

青年ガウスは目覚めとともに正十七角形の作図法を思いついた。初等幾何に露頭した数論の一端! 創造の世界の不思議に迫る原典購読第2弾。

ちくま学芸文庫  文庫判   400頁   刊行日 2011/03/09  ISBN 978-4-480-09366-0
JANコード 9784480093660

定価:本体1,400 円+税

在庫  ○

無限解析のはじまり ─わたしのオイラー

高瀬 正仁 著 

無限小や虚数の実在が疑われた時代、オイラーが見ていた数学世界とは? 関数・数論・複素解析を主題とするオリジナリティあふれる原典講読。

ちくま学芸文庫  文庫判   432頁   刊行日 2009/07/08  ISBN 978-4-480-09225-0
JANコード 9784480092250

定価:本体1,400 円+税

  • 1