神吉 拓郎
カンキ タクロウ

1928年-1994年。東京生まれ。放送作家、小説家、俳人。ラジオドラマ執筆を機に放送作家の世界に入り、その傍ら雑誌のコラム、雑文、短編小説を執筆。「私生活」で第九〇回直木賞を受賞。著書に『洋食セーヌ軒』(光文社文庫)、『神吉拓郎傑作選』(1・2、大竹聡編、国書刊行会)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

たべもの芳名録

神吉 拓郎 著 

食べ物の味は、思い出とちょっとのこだわりで、より奥が深くなる。「鮓」「天ぷら」「鮎」「カレー」……。食エッセイの古典的傑作。解説 大竹聡

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2017/04/06  ISBN 978-4-480-43437-1
JANコード 9784480434371

定価:本体740 円+税

在庫  ○

  • 1