エレンディラ

G.ガルシア=マルケス 著 , 鼓 直 翻訳 , 木村 榮一 翻訳

大人のための残酷物語として書かれたといわれる中・短篇。「孤独と死」をモチーフに、大著『族長の秋』につらなるマルケスの真価を発揮した作品集。

エレンディラ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体540円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:か-5-1
  • 刊行日: 1988/12/01
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-02277-5
  • JANコード:9784480022776
G.ガルシア=マルケス
G.ガルシア=マルケス

ガルシア=マルケス,G

1928年、コロンビアに生まれる。ボゴタ大学中退後新聞記者となり、ヨーロッパ、ベネズエラなどでジャーナリストとして活動。そのかたわら小説を執筆し、1955年、処女短篇集『落葉』を出版。1967年発表の『百年の孤独』で世界的に評価される。1982年ノーベル文学賞受賞。主な作品に『族長の秋』『エレンディラ』などがある。

この本の内容

コロンビアのノーベル賞作家ガルシア=マルケスの異色の短篇集。“大人のための残酷な童話”として書かれたといわれる6つの短篇と中篇「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」を収める。

この本の目次

大きな翼のある、ひどく年取った男
失われた時の海
この世でいちばん美しい水死人
愛の彼方の変わることなき死
幽霊船の最後の航海
奇跡の行商人、善人のブラカマン
無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語

読者の感想

2008.10.25 きまぐれ

南米を舞台とする作品はあまり読んだ事はなかったが、ラテン系の人はみな陽気という偏ったイメージは完全に覆された。登場人物の多くは深い悩みを持ち、その運命は過酷だ。「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」は身勝手で残忍な祖母に不思議なくらい天使のように従順だったエレンディラが次第に変わっていく様は、恐ろしく残酷で美しい。残酷なのに惹きつけられる不思議な物語だった。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可