忘れられた日米関係 ─ヘレン・ミアーズの問い

御厨 貴 著 , 小塩 和人

『菊と刀』と並んで日本研究に大きな影響を与えた『アメリカの鏡・日本』。その著者ヘレン・ミアーズの謎に包まれた生涯を探り、日米関係に新たな視座を提供する。

忘れられた日米関係 ─ヘレン・ミアーズの問い
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:77
  • 刊行日: 1996/08/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-05677-7
  • JANコード:9784480056771
御厨 貴
御厨 貴

ミクリヤ タカシ

1951年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。都立大学教授、東京大学教授などを経て、現在、放送大学教授・青山学院大学特別招聘教授・東京大学名誉教授。専門は政治史、オーラル・ヒストリー、公共政策。著書『政策の総合と権力』(東京大学出版会、サントリー学芸賞受賞)、『馬場恒吾の面目』(中公文庫、吉野作造賞受賞)、『明治国家の完成』(中公文庫)、『オーラル・ヒストリー』(中公新書)、『明治国家をつくる』(藤原書店)、『政治へのまなざし』(千倉書房)など。

この本の内容

第二次大戦後に紹介されたアメリカの日本研究の多くは、西洋近代的パラダイムへの収斂とそれからの逸脱という枠組みを背景に展開されたものだった。けれどもアメリカの対日観はそれほど単純ではなく、実は多様性を秘めていたことが見過ごされていたのである。アメリカニズムを相対化しようとした流れに着目しながら、日本人がそれをどう受容したかを検討し、新しい日米関係への視座を提供する。

この本の目次

第1章 ヘレン・ミアーズとルース・ベネディクト
第2章 戦前の日本を旅する
第3章 「敵国」日本の虚像と実像
第4章 アメリカの政策批判に踏み切る
第5章 日本の講和・独立を論ずる
第6章 パシフィストとして生涯を終える
第7章 ミアーズをいかに捉えるか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可