ドキュメント 日本会議

藤生 明

国内最大の右派・保守運動と言われる「日本会議」。改憲勢力の枢要な位置を占め、国政にも関与してきた。謎めいたこの団体を徹底取材、その実像に鋭く迫る!

ドキュメント 日本会議
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1253
  • 刊行日: 2017/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-06965-8
  • JANコード:9784480069658
藤生 明
藤生 明

フジウ アキラ

1967年、埼玉県生まれ。91年、朝日新聞社入社。長崎支局、筑豊支局などをへて、AERA編集部へ。10年余り在籍し、記者・デスクとして石原都政、右派言論のほか、創価学会などの宗教分野を重点的に取材。大阪社会部で「橋下現象」を取材した後、2014年からは東京社会部で専門記者として「右派全般」を担当。現在、編集委員を務める。

この本の内容

改憲勢力の枢要な一角を占める日本会議。いまだ謎を残すこの組織は、八〇年代以降、領土や教育、靖国、国家像などに関する保守派の運動に、事あるごとに関わってきた。会員約四万人を擁し、全国各地に地方支部を築くに至ったこの組織は、どのように形成され、いかなる戦略によって国政に関与し、どこへ行こうとしているのか?関係者への丹念な取材と、膨大な一次資料によって、日本会議の真実に迫る!

この本の目次

第1章 発端―打倒全学連
第2章 転機―三島事件の衝撃と脱教祖
第3章 「神聖なる国家」という思想
第4章 教育「正常化」運動―憲法改正の前哨戦
第5章 靖国神社「国家護持」
第6章 日本会議、結成
第7章 揺れる思想

読者の感想

2017.6.17 タマゴロウ

具体的な情報が誠実に紹介されています。日本会議を貶めることなく、美化することもなく、冷静に正確な情報が提示されているという印象を受けます。とはいえ、話題にのぼる政治家の何名もの実名が登場するので、読後は、日々報道されている情報の見方が変わること間違いなしです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可