教養としての政治学入門

成蹊大学法学部 編集

いま政治学では何が問題になっているのか。政治史・政治理論・国際政治・福祉・行政学・地方自治などの専門研究者が12のテーマで初学者を導く政治学への道案内。

教養としての政治学入門
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1393
  • 刊行日: 2019/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-07211-5
  • JANコード:9784480072115
成蹊大学法学部
成蹊大学法学部

セイケイダイガクホウガクブ

【執筆者】高安健将 [日本政治]西村美香 [行政学]浅羽隆史 [地方自治]遠藤誠治 [国際政治]野口雅弘 [政治理論]平石耕 [西洋政治思想史]井上正也 [日本政治外交史]立石洋子 [西洋政治史]今井貴子 [比較福祉政治]西山隆行 [アメリカ政治]板橋拓己 [ヨーロッパ政治]光田剛 [アジア政治]

この本の内容

初学者から学べる現代政治学への道案内。

この本の目次

1 日本と世界(日本政治 議院内閣制と政党政治―日本はいかなる政治システムの国か?
行政学 公務員制度批判について考えよう
地方自治 権限と財源から見た地方自治 ほか)
2 歴史と思想(政治理論 官僚制の思想史―デモクラシーの友か敵か?
西洋政治思想史 敗戦の経験とデモクラシー―戦後日本の一つの思想的伝統
日本政治外交史 戦後日本外交入門―日中国交正常化を事例に ほか)
3 比較と地域(比較福祉政治 生活保障システムを比較する
アメリカ政治 政治不信の高まりと政治的分極化
ヨーロッパ政治 変貌するドイツ政治 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可