増補 エロマンガ・スタディーズ ─「快楽装置」としての漫画入門

永山 薫

これを読まずして
日本のマンガ文化は語れない
解説・東浩紀

制御不能の創造力と欲望で数多の名作・怪作を生んできた日本エロマンガ。多様化の歴史と主要ジャンルを網羅した唯一無二の漫画入門。
【解説: 東浩紀 】

増補 エロマンガ・スタディーズ ─「快楽装置」としての漫画入門
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体860円+税
  • Cコード:0170
  • 整理番号:な-46-1
  • 刊行日: 2014/04/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-43169-1
  • JANコード:9784480431691
永山 薫
永山 薫

ナガヤマ カオル

1954年(昭和29)年大阪府生まれ。漫画評論家、編集者、作家。著書に本名の福本義裕名義で『殺人者の科学』(作品社)、長篇SF小説『アミューズメント・ボーイズ』(大陸書房)、永山薫名義の共著として『網状言論F改』(東浩紀編著/青土社)などがある。現在、ミニコミ誌『マンガ論争』の編集人を務め、漫画と表現規制、著作権、図書館、教育、ジェンダーなど漫画界と近接領域の取材・執筆を行う。

この本の内容

日本を代表する文化“マンガ”の裏面にあって、決して日の目を見ることのないエロマンガ。「性的」であることを唯一のルールとして、世間の良識を逸脱した創造力と欲望が数多くの名作・怪作を生み出し、一般のマンガにも多大な影響を与えている。いつの時代も嫌悪と蔑視の対象であった“不可視の王国”に真正面から取り組んだ唯一無二の漫画評論、増補決定版。

この本の目次

第1部 エロマンガ全史(漫画と劇画の遺伝子プール
三流劇画の盛衰、または美少女系エロ漫画前夜祭
美少女系エロ漫画の登場)
第2部 愛と性のさまざまなカタチ(ロリコン漫画
巨乳漫画
妹系と近親相姦
凌辱と調教
愛をめぐる物語
SMと性的マイノリティ
ジェンダーの混乱
浸透と拡散とその後)
文庫版増補(二一世紀のエロマンガ)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可