沖縄と私と娼婦

佐木 隆三

アメリカ統治下の沖縄。ベトナム戦争が激化するなか、米兵相手に生きる風俗街の女たちの姿をヒリヒリと肌を刺す筆致で描いた傑作ルポ。(藤井誠二)

沖縄と私と娼婦
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:さ-50-1
  • 刊行日: 2019/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-43595-8
  • JANコード:9784480435958

この本の内容

ベトナム戦争への出撃基地となったアメリカ統治下の沖縄。1960年代末の返還運動、ベトナム反戦闘争が激化する時代、夜の風俗街に生きた人々。沖縄地上戦の傷痕、米軍最優先社会、生死隣合わせの米兵たち…。それらの矛盾を一身に背負った女たち。その姿をヒリヒリと肌を刺すような筆致で描く。今に続く沖縄が抱える問題の原点を激しく問いかける歴史的名著。

この本の目次

序 琉球から日本へ、娼婦から主婦へ
1 娼婦と私の八月十五日(特飲街・十貫瀬の生理
売春婦と買春夫の快楽
米人女性強姦は幻の犯罪
黒人女兵士ルーシー
少年の玩具は髑髏)
2 娼婦と日の丸(“沖縄人”のベトナム戦争
パイン畑の主席選挙
慰霊塔の涙と奇跡の一マイル)
3 女たちの生地獄(Aサインバーの国際結婚
小鳥を飼う混血の非行少年
恋文横丁のハーニイたち)
4 不条理の島の苛だち(コーラ割り泡盛の味
白ブタと“はまやあ”の対話
歌と踊りとトカゲのシッポ)
5 ひめゆり丸の健児たち(沖縄病患者の船酔い
三味線をひく少年
集団就職は祖国復帰の先発隊
めんそうれ食堂の御通帳
辛抱と根性の“成功者”
ゼネスト回避と本土見物)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可