つむじ風食堂の夜

吉田 篤弘

それは、笑いのこぼれる夜。――食堂は、十字路の角にぽつんとひとつ灯をともしていた。クラフト・エヴィング商會の物語作家による書き下ろし小説。

つむじ風食堂の夜
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2002/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:160
  • ISBN:4-480-80369-6
  • JANコード:9784480803696
吉田 篤弘
吉田 篤弘

ヨシダ アツヒロ

1962年東京生まれ。主な著作に『つむじ風食堂の夜』『針がとぶ Goodbye Porkpie Hat』『百鼠』『空ばかり見ていた』『78ナナハチ』『小さな男*静かな声』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『圏外へ』『パロール・ジュレと紙屑の都』『水晶萬年筆』『モナ・リザの背中』『電氣ホテル』『ソラシド』『レインコートを着た犬』などがある。小説を執筆するかたわら、クラフト・エヴィング商會名義による著作と装幀の仕事も行なっている。

この本の内容

食堂は、十字路の角にぽつんとひとつ灯をともしていた。私がこの町に越してきてからずっとそのようにしてあり、今もそのようにしてある。十字路には、東西南北あちらこちらから風が吹きつのるので、いつでも、つむじ風がひとつ、くるりと廻っていた。くるりと廻って、都会の隅に吹きだまる砂粒を舞い上げ、そいつをまた、鋭くはじき返すようにして食堂の暖簾がはためいていた。暖簾に名はない。舞台は懐かしい町「月舟町」。クラフト・エヴィング商会の物語作家による書き下ろし小説。

読者の感想

2009.10.19 RINKO

装幀に惹かれてこの本を手にしました。
つむじ風食堂に集う人々の近すぎず、それでいて

きちんと話を聞いている距離感が素敵です。
夜更けに通うクロケット定食の美味しい食堂。
”住んでる町で小さな喜びを見出すひとが幸せになれる”
そんなことを教えてくれる本。

2009.4.23 sonouchi_itsuka

本屋さんにひっそりと佇んでいたのをたまたま購入しました。
「ひっそりと佇む」という言葉がふさわしい、なんとも不思議でやさしい小話です。

料理に例えるなら、丁寧に裏ごしがされた濃厚なコーンポタージュのような作品。
懐かしくもあり、夢のようであり。
読み進めていくと、遠い宇宙から、この本を読んでいる自分がポツンと見えるような、そんな摩訶不思議な本です。

2009.4.22 味噌

これまで読んで来たどの物語より良い話だった。無人島に持っていくなら絶対この本。
言葉の運びが上手くて、文章が繊細ですごく綺麗。

登場人物がみんな柔らかくて親近感がわくし、何よりも構成が私好み。
最後のあとがきなんてため息ものだ。
内容は難しくて、多分誰が考えても正確な答えなんてわからないんだろうけど、誰もが1回は感じたであろうことがはしはしに出てくるから共感もできる。
1文字1文字がキラキラしている素敵な作品だった。

2009.4.13 品川巻き

 新聞の宣伝欄で見かけ、なんだか郷愁を誘う題名だなと思い手にした。名もない食堂に吹き込むつむじ風のように、ここに集まる人々の関わりが静かに、ほんとうに静かに描かれる。さえない役者の奈々津、果物屋の青年、帽子屋、古本屋、食堂の主人、そしてねこのオセロにいたるまで、決して人の生活にドカドカと割り込まない。しかし、どこかで関わっている。その距離感が心地よい。主人公の亡父の袖口が風に飛ばされていく終末には、父との魂の決別があるようで、思わず声援を送りたくなった。読み終わったとたん、終わってしまったのかという思いのする、静かに表紙を閉じたくなるような珠玉の作品。

2008.5.02 ラジ

とても静かで穏やかな小説でした。アップダウンはほぼ無いに等しいので「面白い」という評価はつけにくいけど、読んでると大変心が静まります。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可