冠・婚・葬・祭

中島 京子

世はすべてこともなし…とは、
なかなか行かない。
webちくまの人気連載を単行本化

成人、結婚、葬儀、お盆。当り前の儀式が当り前じゃなくなって、そのずれが露わになるからこそ、浮かび上がってくる人生の意味。4つの、今を切り取る物語。

冠・婚・葬・祭
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2007/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-80410-5
  • JANコード:9784480804105
中島 京子
中島 京子

ナカジマ キョウコ

1964年東京都生まれ。出版社勤務、アメリカ留学、フリーライターを経て、2003年、田山花袋『蒲団』を下敷きにした小説『FUTON』でデビュー。高い評価を受け、野間文芸新人賞候補になる。以後、『イトウの恋』『均ちゃんの失踪』『冠・婚・葬・祭』で吉川英治文学新人賞の候補となるなど、活躍。他の著書に『ツアー1989』『桐畑家の縁談』『平成大家族』『女中譚』など。エッセイ集に『ココ・マッカリーナの机』がある。2010年『小さいおうち』で第143回直木賞を受賞。

この本の内容

世はすべてこともなし…とは、なかなか行かない。人生の節目節目で、起こった出来事、出会った人、考えたこと。いろいろあるけど、ちゃんと生きよう。そんな気持ちになる4つの物語。

この本の目次

空に、ディアボロを高く
この方と、この方
葬式ドライブ
最後のお盆

読者の感想

2010.11.27 washiroh

愉快に笑った
 ぼくはこの著者の存在を直木賞受賞まで知らなかった。受賞作『小さいおうち』を読み、この作家を知らなかったなんて何ともったいない時間を過ごしてきたことかとあわてた。

 で、あれこれ読んだひとつが本書。絶妙な語り口がみごとで、まことにおもしろい。殊に『この方と、この方』に描かれる若い人たちの「結婚志向」のありようには教えられることが多く、しかも愉快に笑った。

2008.9.03 浅見昌美

読み終えた後のすがすがしい気持ちや、なんとも言えない温かい気持ちになれ、すっかり中島先生のファンになりました。もともと女性作家が好きでしたので読む前から正直わくわくしていましたが、思ったとおり、冠・婚・葬・祭、4つの物語ともに細かい女性ならではの視点で、見事な描写で各々の主人公の気持ちや周りの状況が私の中で共感したり忘れかけていた事を思い出してくれたりと、本当に出会えたことに感謝しています。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可