この春、とうに死んでるあなたを探して

榎田 ユウリ

理屈っぽく無愛想な矢口と天真爛漫なイケメン小日向。23年ぶりに再会した二人は恩師の不可解な死の真相を探り始める。読後、爽やかな感動をもたらすミステリ。

この春、とうに死んでるあなたを探して
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/03/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-80479-2
  • JANコード:9784480804792
榎田 ユウリ
榎田 ユウリ

エダ ユウリ

小説家。榎田尤利名義でBLジャンルでデビュー。近年は活躍の場を一般文芸に広げ活動中。著作は100冊を超える。主な著書に<妖キ(王に奇)庵夜話>シリーズ(角川文庫)、<魚住くん>シリーズ(角川文庫)、『ここで死神から残念なお知らせです』(新潮文庫nex)

この本の内容

矢口弼は38歳、元税理士。離婚を経験して仕事にも疲れた矢口は、中学時代を過ごした南森町にひとりきりで戻る。新しい住まいは、かつての同級生・小日向の営む喫茶店「レインフォレスト」の上階。外見は変わっても中身は子どものままに騒々しい小日向に矢口は面食らいながらも、少しずつ雨森町になじんでいく。そんなふたりにもたらされる恩師の死をめぐる謎。先生の死は事故なのか?あるいは、生徒からのいじめを苦にした自殺?23年前の真実を求めて、矢口と小日向は元クラスメイトを訪ねるが―。失くしたものも、ふたりでなら見つけられる。喪失を抱えた者たちの人生を全力で肯定する物語。

読者の感想

2018.4.10 marilyn

著作、とても心にきました。
読み始めて主要な登場人物が揃った頃に、先生の死の謎……


もうぐんぐん引き込まれて、寝る前に少し……と途中までのはずが徹夜してしまいました(;・∀・)
傍にある「死」と「愛」について。
それぞれの存在。それぞれにとっての大切な人達。
色んなものを抱えながら、再会して中学生に一瞬にして戻ってしまう面々が羨ましかったです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可