男友だちを作ろう

山崎 ナオコーラ

恋とは別の可能性
webちくまの人気連載を単行本化

現代美術家やミュージシャン、大学生やお粥屋さんなど、さまざまな男の人と友だちになるべく頑張る作家の、短篇小説のような味わいに満ちた最新エッセイ集。

男友だちを作ろう
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/06/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-81510-1
  • JANコード:9784480815101
山崎 ナオコーラ
山崎 ナオコーラ

ヤマザキ ナオコーラ

1978年生まれ。「人のセックスを笑うな」で2004年にデビュー。著書に『カツラ美容室別室』(河出書房新社)、『論理と感性は相反しない』(講談社)、『長い終わりが始まる』(講談社)、『この世は二人組ではできあがらない』(新潮社)、『昼田とハッコウ』(講談社)などがある。

著者からのメッセージ

震災以降、人々は横に繋がるようになった[全文を読む]

この本の内容

恋とは別の可能性。男の人と友情を築きたいというのは、決して恋愛からの逃避ではないと思う。お笑い芸人、大学生、ミュージシャン、写真家…。小説家が、さまざまな男の人と言葉をかわしてゆく。短篇小説のような味わいに満ちた、最新エッセイ集。

この本の目次

二十五メートルで区切る理由がわからない。僕は永遠に泳げる気がしていた―会田誠さん(現代美術家)
月とお粥―高瀬正克さん(「支那そばや」店主)
わざわざパースを狂わせて―のりたけさん(イラストレーター)
「フリータイム」と並んで―岡田利規さん(演劇ユニット「チェルフィッチュ」主宰)
世界はすごく面白いと思っていて―石川直樹さん(写真家)
なんかの質感が僕は好き―スズキタカユキさん(ファッションデザイナー)
夢―長嶋康郎さん(古道具屋「ニコニコ堂」店主)
「お笑い」の人に会う―後藤淳平さん・福徳秀介さん(お笑いコンビ「ジャルジャル」)
敬語ランク上位―石島裕之さん(編集者)
家とは何か?―小川てつオさん(アーティスト)
みんな、「ちょっと死にたい」と思っているような気がしていて―前田司郎さん(劇団「五反田団」主宰)
大学生と喋る―遠藤寛之さん(大学生)
優しくて、可愛い―中原昌也さん(音楽家)
詞は、書くときと歌うときとで、別でいい―後藤正文さん(「ASIAN KUNG−FU GENERATION」)

読者の感想

2011.10.24 どっとちえ

まず、装丁がいい!

帯で口元が見えないのは、想像力をかきたてられます。

対談のお相手、皆さんが何かに真っ直ぐな方が多く、素朴な部分もあり、素敵でした。

私も、誰かと話したくなりました。

個人的には、絶望感に溢れた方々との対談も見てみたい気がします。

次の、ナオコーラさんの新刊も期待してますね!

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可