開高健 ─生きた、書いた、ぶつかった!

小玉 武

行動的な作家だった開高健はジャンルを超えた優れた作品を遺すとともに、企業文化のプロデユーサーとしても活躍した。長年の交流をもとに、その素顔に迫る。

開高健 ─生きた、書いた、ぶつかった!
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,500円+税
  • Cコード:0023
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2017/03/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-81844-7
  • JANコード:9784480818447
小玉 武
小玉 武

コダマ タケシ

1938年、東京生まれ。神戸、横浜で育つ。62年、早稲田大学を卒業。サントリー株式会社(当時寿屋)入社。宣伝部で広告制作、『洋酒天国』編集を担当。のち広報部長、文化事業部長、TBSブリタニカ取締役出版局長(出向)を歴任。『サントリークォータリー』創刊、14年間編集長。2000年3月退職後、母校の参与と非常勤講師をつとめ、現在は同大学広報室参与・石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞事務局長。(09年まで戸板女子短大講師を兼任)日本文藝家協会会員。本書「『洋酒天国』とその時代」で第24回織田作之助賞受賞。ほかに『「係長」山口瞳の処世術』など。

この本の内容

最後の同時代者の記録と証言。詳細年譜付き。

この本の目次

プロローグ―文学と実生活
第1章 朝露の一滴のように―記憶の欠片
第2章 抒情と造型―習作時代
第3章 サントリー宣伝部―その黄金時代へ
第4章 熱い歳月―昭和三十年代
第5章 『日本三文オペラ』の衝撃―荒地と祝歌
第6章 『ベトナム戦記』―癒えない闇
第7章 女たちのロンド―『夏の闇』
第8章 やってみなはれ!―年月のあしおと
第9章 『オーパ!』の“功罪”―逃走の方法
エピローグ―青空が流れる

読者の感想

2017.6.03 伊地知 巧

死後30年近く経っても感心を持たれる作家 稀有な存在である。男として こうヤレタらと思う事を全て達成した人だと思う。奥さん、娘さん 確かにキツイ人でしたが、今となつては懐かしい限りー合掌ー
御大の会話その物が活字になる この様な人はこれからもでてこないだろう。


御大の名前をいだいた長男今ソコソコ頑張っています。この労作徹夜して読ませてもらいました。懐かしくて涙もポロリも、至福の一冊 感謝 感謝〜〜

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可