野嶋 剛
ノジマ ツヨシ

ジャーナリスト、大東文化大学社会学部特任教授。1968年生まれ。上智大学新聞学科卒。朝日新聞シンガポール支局長、台北支局長、政治部、AERA編集部などを経て、2016年4月に独立。著書に『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『ラスト・バタリオン――蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『台湾とは何か』(ちくま新書、第11回樫山純三賞)、『タイワニーズ――故郷喪失者の物語』(小学館)など。近著に『なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか』(扶桑社新書)がある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

香港とは何か

野嶋 剛 著 

力による「中港融合」を押し進め、一国二制度を形骸化させる中国。二〇一九年の大規模デモ、二〇二〇年の国家安全維持法の施行、そして米中新冷戦のゆくえとは。

  新書判   256頁   刊行日 2020/08/05  ISBN 978-4-480-07326-6
JANコード 9784480073266

定価:本体840 円+税

在庫  ○

台湾とは何か

野嶋 剛 著 

国力において圧倒的な中国・日本との関係を深化させる台湾。日中台の複雑な三角関係を波乱の歴史、台湾の社会・政治状況から解き明かし、日本の進路を提言。

ちくま新書  新書判   272頁   刊行日 2016/05/09  ISBN 978-4-480-06891-0
JANコード 9784480068910

定価:本体860 円+税

在庫  ○

  • 1